2014年3月29日(土) アートスクール (大絵先生)

先月末の土曜日は月一回開催している、アートスクールでした。

講師はいつもの、大絵晃世先生。最近は展示続きで、とてもお忙しい様子です。

_1060951

今日は、春らしくお花の絵を描いてみます。

_1060939

今回は、いつものように、自由に描きはじめるのではなく、構図を考えてから、描いてみるということに挑戦です。紙に、小さな枠を沢山つくり、そこに、簡単に構図を設定して、いろいろ試行錯誤しながら、気にいった構図を見つけだします。

_1060940

中盤、色付けも始まり真剣に、筆は進みます。

_1060941

_1060943

_1060944

_1060945

こちらは、完成。なかなか、ダイナミックな絵がかきあがりました。

以下、大絵先生のコメントです。

_1060947

毎回ご参加のkちゃんの作品。

モチーフの捉え方が柔らかな丸っこいラインの感じがkちゃんらしいです。

色鉛筆のぬり方が丁寧です。そして背景の色の選び方が渋い・・・!背景の色をコップの水の部分にも塗ることで、コップの透明感が出てきています。

グラデーションに強いこだわりを示すkちゃん。次回はグ ラデーションのいろいろなやり方にチャレンジしてみましょうか^^

_1060948

こちらもおなじみmくんの作品。

今回は意外な!展開で、すごい完成度です。しっかりモチーフを目の前に観察して描けたた めでしょうか、普段はkくんフニャフニャっとしているのですが、集中力がいつもと違いましたね^^構図も少し中心がずらしてあるのが効いています。以前水 彩を描いていたときに出ていた不思議な色のセンスが、今回はとっても生きています。花の中心を青くしたり、周りを色相のグラデーションにしたり。これから もどんどん自分を解放してほしいですね!楽しみです。

_1060949

こちらも毎回ご参加のnちゃんの作品。

nちゃんはエスキース(下書き)を大量に描いて、その中から構図を選 べましたね^^nちゃんはとっても描くのがスピーディーなので、上達も早い!モチーフの特徴を捉える力がとても付いてきています。特に、後ろ向きの花を描くのは萼 (がく)の特徴などが難しいのですが、しっかり伝わる表現となりました。右側の窓は最初無かったのですが、最後に今までの雰囲気を超えて、ババっと窓と差 し込む光を加えて絵が完成しましたね!最後の攻め方はまるでスポーツ選手のようでした。

_1060950

aさんの作品。今回は唯一の大人の方のご参加でした。

aさんも難しい花の後ろ側からの構図でしたが繊細な線で描けましたね^^特に白い小花の細い茎を綺麗に描きたいということでちょっと苦戦されていましたが、色鉛筆を強めに使ったりと濃淡を付けて、暗い茎、明るい茎の 描き分けで空間が表現できています。コップの水の透明感も出ていて、綺麗ですね。コップの影が、背景と花の関係を繋げてくれています。背景も花の色に合っていて全体が爽やかな色調になりましたね。

 

ギャラリーでのアートスクール。生徒さん募集中です。小学生から大人まで参加できます。毎月1回第4土曜日の週(もしくは、ご都合を聞きながら前後に)に開催しています。

ご興味ある方は、info@gallerykissa.jp 瀧本まで、ご連絡ください。

 

はしもとみお 木彫りのワークショップ 「トナカイを彫ろう」

少し間が空いてしまいましたが、彫刻家はしもとみお さんの木彫りのワークショップ2日目は「トナカイを彫ろう」でした。

1日で、2回のワークショップ各回8名、合計16名のご参加となりました。1日で16頭ものトナカイが誕生したことになります。

P1050904

サンタ猫同様、木彫りのスタートはこの状態からです。すべてクスノキですが、模様がついていたり、古かったり、新しかったりと、色々です。形もなんとなくトナカイの形をしていますが、これも手作業で切り出していますので、よく見ると全部違います。聞くところによると、実は、木彫りが始められるようにする、この状態を作るのにものすごく時間と手間がかかっているそうです。なんといっても、まず丸太からチェンソーで輪切りにし、板の厚みを一定にして、そこからジグソーで切り出します。木彫りがしやすいように、木目の方向も意識しながら切り出しているそうで、体力と時間と経験が必要なのだそうです。やはり、相手は生きた木ですから、大変ですね。いやいや、恐れ入ります。

そんな、裏情報も教えてもらいつつ、とにかく始まります。ワークショップの時間は2時間半ですが、長いようで短いので、早く来られた方から、トナカイ選びが始まり、木彫りの注意事項を教え、開始前から始めてもらいます。

P1050906

この辺で、40分経過。いい感じに顔立ちが出てきましたが、まだまだです。でも、昨日のワークショップよりは、参加者の皆さんの進み具合は早いようです。

P1050912

みおさんにトナカイの骨格を写真の上に描きこんでもらいました。動物園などで、トナカイを見ているときは、まったく気づかないですが、人間とはやはりだいぶ違いますね。彫刻を作るとき、骨格を意識しないと、なかなかうまい具合にバランスが取れません。

P1050919

真剣に、黙々と作業は続きます。

P1050927

トナカイの角は折れやすいので、最後に作ります。大まかにノコギリで形を作ります。これが難しい作業でもあります。昨日の第一日目に続き、助っ人講師の彫刻家 本多さんにお願いします。

P1050947

トナカイが出来上がってきました。これは、かわいいです。

P1050952

P1050957

眼を入れると一段とかわいさが増します。

P1050972

P1050984

時間になると、今日も、はしもとみおさんによる講評会が始まります。彫刻は前、後ろ、横、上から、下からと、色々な角度で見てみると色々な発見があります。お尻からの眺めもいいですね。それにしても、今日は皆さん色塗りまでほとんどの方がされていて、素晴らしい進み具合。

P1060001

この後、皆で撮影会が行われ、1回目、無事終了。

お疲れ様でした。

 

P1060013

今日は、2回目も、同様に彫刻刀の扱いから、はじまります。

P1060016

実は、2回目は自分も木彫りワークショップに初参加しています。

今回のワークショップは、1回目よりも、さらに黙々と木彫り作業が進みます。沈黙の時間も、しばしば・・・。みおさんも、「わからないことがあれば、質問してください~」と言いつつ、皆さんもくもくと作業をしているので、木彫り教室とは関係ない、大学の彫刻学科情報(彫刻コースの男の子は、学生の間は皆マッチョでモテるけど、卒業すると皆フラれた。なぜなら、皆まともな仕事に就かず、生活が不安定。だとか、彫刻科の学生で広末ファンがいて、好きすぎて広末の彫刻を!しかも、裸体で造ってしまって、、、それも、かなりリアルに!銀座で個展までして問題になったとか。まだまだ、面白話がたくさん。)なども、聞きつつ楽しく時間が進みます。

P1060023

あっという間に時間がすぎ、講評会がまた始まります。ちなみに、写真に写っている、みおさんの作業着の裏に刺繍されているイラストは、みおさんのパパが描いたイラストです。このゆるさは、誰に真似できない。。。ちなみに、自分もみおさんパパのイラストのファンです。みおさんのホームページに、パパのイラストコーナーがあるので、ぜひ覗いてください。

P1060024

P1060032

ちなみに、下のトナカイは、はしもとみおさんが木彫りワークショップで教える傍ら、時間中に彫り上げたトナカイです。すごすぎます。

P1060043

立ち姿が本当に美しいく、キュートです。

P1060034

あ、そうです。はしもとみおさんが、昨日彫り上げた、サンタ猫さんは、こちら、

P1060046

P1060047

P1060050

はしもとみおさん、そして、ゲスト講師の本多絵美子さん、お疲れ様でした!2日間本当に楽しいワークショップをありがとうございました。

次回は、来年2014年の5月頃を予定しています。その時は、はしもとみおさんの”犬・猫”を中心として、企画展示させていただく予定です。今から楽しみです。

では、みなさんよいお年を。

P1060081

我が家のねこ「ニコちゃん」です。来月1月12日に発売される、雑誌「ねこ」2014年 2月号に、我が家のねこ3匹が登場します。ぜひ、見てみてください~。

はしもとみお 木彫りのワークショップ 「サンタ猫を彫ろう」と「kissaとポチのどうぶつ音楽会」

彫刻家はしもとみおさんのワークショップ第一日目「サンタ猫を彫ろう」です。

実は、ワークショップの前日に、はしもとみおさんの体調がとても悪く、体調が心配されたのですが、無事開催できました。

ただし、いつも車にものすごい数の木彫りを積んで、一人で運転されて三重から東京に来られるのですが、今回は、新幹線でいらっしゃったため、はしもとみおさんの木彫り作品の展示が数点になってしまいました。遠方より、はしもとみおさんの作品を見に来られた方もおられたのですが、今回は、作品展示が出来ず、大変、申し訳なかったです。

P1050817
右側、紺色のワンピースが、はしもとみおさんです。1日にゆっくり休みを取り、今日は元気そうで、よかったです。

P10508205月に続き、2回目の参加のご夫婦、彫りのペースが速い!

P1050826
思わず流血、木彫りのワークショップには絆創膏は必須ですね。。

P1050829

P1050833
はしもとみおさんの作品、ちょびっとあります。小さくてもすごいクオリティー。かわいすぎ!

P1050838

P1050857
おっ、紛れもない猫です。彫り出されてきました。
皆さん、まだ全然終わらない~、と悲鳴をよそに、強制的に終了!そして、講評会が始まります。

P1050873
モアイ像のように並べられた木彫りの猫たち。

P1050889
生徒さんの木彫りの講評会、木彫りの取り扱いが、生きている小動物の取り扱いそのまま。はしもとみおさんに触られると、手から飛び出して動き出してきそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今回は、お手本の木彫りがない!と、生徒さんにとって過酷な条件での木彫り教室でしたが、とても個性的な作品が沢山産まれました。本当に面白いですね。

 

「kissaとポチのどうぶつ音楽会」

木彫りのワークショップの後は、はしもとみおさんのお友達によるライブ

ポチさんことヨダアミさんと、oliveさんこと小林香代さんのユニットです。

どうぶつのきもちをうたにする“ポチ”さんですが、作詞は、はしもとみおさんが書いています。

SDIM0769

SDIM0772

SDIM0821

SDIM0833

今回は、ウクレレ、メロディオンから、はしもとみおさんの同志の本多絵美子さん(本日のゲスト講師)が彫刻された、アルマジロ木琴も登場。ポチさんの歌声、oliveさんのナイロンギター、とても心地いいです。

いつもは、名古屋近辺で活動されているので、東京でのライブは非常にまれなのですが、また、演奏が聴きたいです。今、CDを製作中ということで、発売が楽しみ。

ライブの後は、鍋!夕食会も盛り上がりました。お越しいただいた皆様ありがとうございます。

フェイスブックのイベントページに、はしもとみおさんのお友達で写真家の森田直樹さんが写真と動画をアップしていただいています。とても、素敵な写真や動画なので、ぜひ、ご覧ください。

https://www.facebook.com/events/740328182651275/

12/21(sat) & 22(sun) はしもとみお 木彫りのワークショップ+音楽会+夕食会

12月のワークショップのお知らせです。全国のはしもとみおさんファン必見の2日間ですよ。

また、12月21日(土)から12月28日(土)まで、小物の彫刻を中心とした、はしもとみおさん彫刻の展示も行います。ぜひ足をお運びください。

※ 木彫りの展示はみおさんの体調不良もあり中止になりました。申し訳ありません。

はしもとみおさんの命が吹き込まれた彫刻は、見る角度や時間、場所によって様々な表情を見せ、笑いかけてきたり、思いを伝えてきたりします。来年の2014年2月 三岸節子記念美術館にて、初の美術館企画展「はしもとみお展」も予定されています。私ははしもとみおさんは、100年に1度か、それ以上の彫刻家だと思っています。まだ、みおさんは30代ですから、あと10年したら、どんな彫刻を作っているのか、想像しただけでワクワクします。そのような、はしもとみおさんから直接、彫刻を学べる機会があるというのは、本当にありがたいことです。

5月の台東モノマチの時にもギャラリーで彫刻家はしもとみおさんをお迎えして、木彫りのワークショップを行いました。とても、楽しいワークショップになりました。ありがたいことに、12月にも開催させていただけることになりました。今からとても楽しみです。

なお、大変人気のワークショップですので、参加希望の方は、ご予約はお早めに!

ワークショップ以外にも、ポチさんの音楽会とはしもとみおさんを囲んでの夕食会も予定しています。

はしもとみおさん木彫り作品も小物を中心に展示販売もしています。お気軽に遊びにいらしてください。
ギャラリーは、21日、22日共に 12:00オープンです。

20131221

<日程>

12月21日(土)
サンタ猫を彫ろう
kissaとポチのどうぶつ音楽会
音楽会あとの夕食会

12月22日(日)
トナカイを彫ろう

<木彫りのワークショップ詳細>
21日(土) 13:00~15:30 「サンタ猫を彫ろう」 定員12名 ×
22日(日) 13:00~15:30 「トナカイを彫ろう」 定員8名 ×
22日(日) 16:30~19:00 「トナカイを彫ろう」 定員8名 ×

〇 申し込み受け付けています。
△ 残りわずか
× キャンセル待ち

講 師: はしもとみお (ゲスト講師 本多絵美子)
参 加費:  4,200円 (材料費込み)
持ち物:  あれば彫刻刀、汚れてもいい服装、エプロン、題材の写真資料等
バンドエイド(手を切ってしまった時などに)、筆記用具

IMG_7391

21日は、ワークショップだけでなく、はしもとみおさんのお友達のポチさんの音楽会も予定しています。

「kissaとポチのどうぶつ音楽会」

21日(土) 17:00~18:45 開場16:30
出演 ポチとolive (うた・ヨダアミ、 ギター・小林香代)

ポチ写真

どこかせつなくて、どこかやさしい、どうぶつのきもちをうたにする“ポチ”。
作詞は、動物彫刻家のはしもとみおが担当。作曲やライブ活動は、彼女の
大学時代からの友人であり、同大学芸術学専攻を卒業したヨダアミが担当。
様々などうぶつのきもちを表情豊かにうたいあげる。今回の音楽会では、
アコースティックな音楽から即興まで、音楽性も幅広く活動する小林香代
こと「olive」が、ギターや“木のおもちゃ”で彩っていく。

チケット代 : 2,000円

ポチとoliveakarui

アーティスト WEBサイト
ポチ 「ポチのうた」 http://amipochi.jimdo.com/
olive 「ひびをよぐ」 http://azeitona.blog92.fc2.com/

また、はしもとみおさんファンのために、今回は夕食会も企画しました。

「音楽会あとの夕食会」

21日(土) 19:00~20:30
はしもとみおさんを囲んで夕食会。鍋を用意します。お酒は各自持ち込みでお願いします。
参 加費: 音楽会に参加される方は 500円、夕食会のみの方は 2,000円

それぞれ、参加ご希望の方は下のフォームよりご予約ください。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

5月モノマチでの展示とワークショップの様子

5月24日 動物似顔絵

P1000016

5月25日 「歩いている猫の木彫りをつくろう」
※ 25日のポチさんライブまでの撮影は写真家の砺波周平さんによるものです。

130525-021
左:本多絵美子さん(彫刻家)、右:はしもとみおさん。頼もしい講師の方々

130525-023

130525-025

130525-027
木彫りはこの状態からスタート。皆さん、気に入った子を選び出します。

130525-030

130525-041
左はゲスト講師で、はしもとみおさんのお友達の彫刻家本多絵美子さん。そして、小学生も木彫りに挑戦!

130525-070 130525-071 130525-076

130525-047
はしもとみおさんの愛犬 月君 (の木彫り)

130525-054 130525-096 130525-095

130525-103

130525-104 130525-112 130525-116

130525-119 130525-120 130525-124

130525-128
皆さん思い思いの作品が出来上がりました!並ぶとさらに可愛い!!

130525-129
この猫さんは、講師のはしもとみおさんも大絶賛でした。

130525-135
ご参加のみなさん、お疲れ様でした。

130525-136

モノマチ展示の様子 はしもとみおさんの作品、彫刻とデッサン

130525-001

130525-011

130525-005

130525-014

130525-016

25日の夜はポチさんの音楽会もありました。

130525-158

130525-167

 

P1000079
夜は「東京海ほたる」を観に浅草まで行きましたが、人混みがすごくて大変でした・・・

5月25日 「ゆれる木馬の木彫りをつくろう」

P1000094
ゆれる木馬が彫刻される前の切り出された状態。ここからスタートです。すでに、月君は木馬に乗ってくつろいでいるようですが・・・

P1000108 P1000109

P1000150

P1000160
「まだ、彫り終わらない~」という声をよそに、時間が来たので強制的に着色に移ります。講師のはしもとみおさんは「着色した後で、また彫っても大丈夫。とりあえず、着色のやり方を学びましょう」とやさしくご指導。

P1000215
この日もたくさんの素敵な作品が生まれました。

2013.8.31(sat) 「アートスクール」 夏休みの課題を終わらせよう!

全国の子ども達は夏休み真っ最中ですね。

みなさん、宿題やってますか~

8月のアートスクールは、8月31日(土)です。今回は、「夏休みの図画の課題を完成させよう!」ということで、もし、アートに関する夏休みの課題がありましたら、お持ちいただき、講師の指導付きで集中して取り組んでいただこうと思います。

もし、大人の参加や、課題が既に終えているかたのご参加希望の場合は、夏休みらしく「紙粘土」を使って立体に取り組もうと思っています。その他、色々なリクエストにもお答えしたいと思います。まず、ご興味あるかたは、お問い合わせください!

20130831

お申込みは以下から可能です。

https://gallerykissa.jp/ai1ec_event/20130831-2?instance_id=3214

5/24(金)~26(日)モノマチ最新情報!

これから随時、こちらのページにモノマチ終了まで最新情報をアップしていきます。

5/24(金)~26(日)にカチクラエリア(蔵前、御徒町、浅草橋近辺のモノづくりのアトリエや職人さんの多い地域です)で行われる、「モノマチ」は今年で第4回目です。昨年6月にオープンしたギャラリーkissaは初参加です!

※25日のライブ、夜の回30分繰り上げ19:00開演になりました。ご注意ください。

モノマチの3日間は、gallery kissa でも、モノマチ限定のワークショップを開催します!

期間中、はしもとみおさんの動物彫刻達も多数展示します。はしもとみおさんデザインのTシャツやトートバッグなどのグッズも作成!ワークショップに参加されない方も楽しめます、ぜひ遊びに来てください。

色々な”お楽しみ”コラボイベントにも参加しています。

① トランプ 「マチを歩いて、モノマチトランプを集めよう」
お店をまわって一枚づつトランプカードを集め、すべて集めると特製ケースがもらえます!
かなりマニアックで難易度が高いですが、ぜひ挑戦してください!
② ワイン モノマチワイン 〜ワインチャームを持って、カチクラグルメを楽しもう!〜
グラスの持ち主が分かるようにワイングラスのステムへ付けておく目印「ワインチャーム」を入手してから、加盟飲食店にて¥1,000 以上ご利用頂くと各店オススメのグラスワインを一杯サービス!
ギャラリーkissa ではくるみさんのワインチャームです。ワインチャーム企画の詳細はこちら
③ パズル 「パズルのニコリさんとのコラボ」てくてくラリーとシークワーズパズルです。
パズルを解くと、素敵なプレゼントあり!
④ スタンプラリー、モノマチ全エリアのうち58カ所に設置!特製パスポート手帳をゲットしてスタンプラリーで楽しみましょう。さらに・・スタンプを20個、30個、40個と集めると豪華景品が?!

hashimoto

木彫りの大きさがチラシだとわかりにくいのですが、手のひらにのる大きさです。
以下に、以前別の場所で行われた教室の様子がございます。
http://www.myshica.com/bunshitsu/3194/

5月24日(金) 「動物似顔絵(水彩画)」※参加者のお顔を動物に見立てて似顔絵を描きます。
時 間: 13:00~18:00
参加費: 3,000円 希望者には動物似顔絵Tシャツを作成(2,500円)

5月25日(土) 「歩いている猫の木彫りをつくろう」
時 間: 13:00~16:00
参加費: 4,200円(材料費込み)
25日のワークショップは定員に達しましたので募集は終了しました。

5月26日(日) 「ゆれる木馬の木彫りをつくろう」
時 間: 13:00~16:00
参加費: 4,200円(材料費込み)
26日のワークショップは定員に達しましたので募集は終了しました。

定 員: 各日10名まで

お申込み多数の場合は、先着順となりますのでご了承ください。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

ワークショップ以外にも、色々と展示と販売を行っています。

ワインチャーム by くるみガラス

CIMG7350

CIMG7351
<モノマチ期間中、ワインチャームを買うと、協賛飲食店でワインがサービス(1000円以上のオーダー)>

ワインチャーム企画の詳細はこちら

はしもとみお木彫り、デッサン、小さな木彫りの販売

ギャラリーアーティスト作品の展示と販売

25日の夕方と夜は音楽会です!

pochi

【出演】
ポチ:うた、ギター
戸田裕久:コントラバス

【夕方の回】
16:30受付
17:00開演 (約45分)

【夜の回】
18:30受付
19:00開演 (約45分) ※夜の回30分繰り上げになりました。ご注意ください。

<チャージ>
各回1500円

<ご予約・お問合せ>
03-5829-9268(gallery kissa)
又は pochi.amio@gmail.com (ポチ) まで

予約をするとワンドリンクサービス!

[contact-form-7 404 "Not Found"]

モノマチ 徒蔵(カチクラ)マップ

map_data

プリント用は以下のリンクよりPDF版をダウンロードしてください。

http://monomachi.com/?page_id=169

書道教室が始まります。2013.1.26(sat) 「親と子の書道教室」 講師 伊東眞一

「親と子の書道教室」ということで、親子で書道をはじめてみませんか?
“SHODO” Workshop in English is also available (see below)!

ご縁があって、毎月2回ほど土曜日の朝に書道教室をギャラリーキッサで始めることになりました。

第一回は今週の土曜日 1月26日(土) の10:00 ~ 12:00 です。

shodo

最近はテレビで「書道パフォーマンス甲子園」や様々な形の書道レッスンが紹介され、若いかたがたの間でも書道ブームとなっております。
あらゆる機会でさわやかな文字が書けたらよいとOLたちの間でも人気講座のひとつとなっています。
書をかいているときは他のことを忘れて、心静かに自分と向き合うことができます。
この教室ではあくまでも実用書道を目指し、書の上達と同時にマナーも身に付けるて頂ける「書道」を目標にしています。

お気軽に見学して下さい。

  • 教室: 土曜日10:00~12:00 (月2回)
  • 場所: gallery kissa 台東区浅草橋3-25-7 NIビル4F
  • 受講料: 2,000円/回 こども 1,500円/回
  • 書道用具(初回のみ): 3,000円~4,000円(自己準備可)

2月の書道教室は、2月9日(土)、および23日(土)を予定しています。

講師: 伊東天真

  • 40年以上の教授経験
  • 書道「一心会」会長
  • 青硯書道会 推薦位

お茶またはコーヒーのサービス付です。

お問い合わせ: info@gallerykissa.jp または、090-3147-5647(講師直通)

“SHODO” — Japanese Calligraphy Workshop in English! —

Tenshin Ito – Master of Shodo with 40 years experience, holding the highest rank of ‘Suisen.’  He also teaches SHODO to foreigners for many years!

Curriculum: You can start from beginners level and draw your favorite word on Shikishi (special paper) at the end of the lesson.

  • Instructor: Tenshin Ito – Master of Shodo with 40 years experience, holding the highest rank of ‘Suisen.’
  • Time: 10:00 – 12:00 Saturday morning (about twice a month)
  • Trial Lesson Fee: 2,500 YEN
  • Tools: Shodo writing set will be PROVIDED for the English trial lesson
  • Contact: info@gallerykissa.jp

喜多尾浩代による「気づきのワークショップ」 2013.2.2(sat) 12:00~14:00

喜多尾 浩代による「気づきのワークショップ」が2月2日の第一土曜日からgallery kissaで始まります。毎月第一土曜日は、蔵前エリアのアトリエショップ達が色々と、趣向を凝らして面白いイベントで街を盛り上げています。蔵前エリアになじみがない方もワークショップの後、素敵なスポットを巡る楽しみもあり、この日は盛りだくさんな日になること間違えなしです。

「気づきのワークショップ」では、喜多尾さんから参加者それぞれ個別の「気づきのプレゼント」があります。どんなプレゼントかはお楽しみ。ワークショップでちょっと心と体が軽くなったあと、蔵前・浅草橋・柳橋エリアをぜひ散歩してください。変わりゆく下町探訪は本当に楽しいです。

DSC_0233#photo: Nami Hirao

毎月第一土曜日のイベントとして、喜多尾さんのワークショップは2月2日(土)に加え、3月2日(土)と4月6日(土)の開催が決定しています。喜多尾さんのワークショップに参加することで、毎日見えていたものが違って感じると、外に飛び出したくなると思います。暖かくなった時期には、課外ワークショップとして喜多尾さんのライフワーク「路地裏探訪」が出来るかもしれません。

「気づきのワークショップ」とは?

体の応答を通して自己を見つめ、様々な可能性に出会うことを目的とした “気づきのワークショップ”です。
感じて動く事を重視した小さなムーブメント や 身体の内外に広がる空間を意識できる簡単なボディ・ワークを体験し、環境に対して刻々と変化する身体の応答を観察してみてもらいます。

ダンスに限らず表現活動に興味のある方々 身体の不思議に興味がある方々 を対象にしています。 加えて…、アートが好きな方や身体と向き合う時間を持ってみたい方 などにも 参加して頂きたいと思います。

静かに拡がる 芳醇な発見の瞬間 を お楽しみください!

参加費:3500円/お茶つき
予約制(定員10名)

お申し込み・問い合わせ は、 gallery kissa (瀧本)まで
メール: info@gallerykissa.jp  ,  FAX: 03-5829-9157
フォームより https://gallerykissa.jp/contact

動きやすい楽な服装で、ブランケットかバスタオルを御持参ください!

ご連絡を お待ちしています。 どうぞ、ヨロシク お願いします。

喜多尾 浩代/Hiroyo KITAO

幼い頃から ドイツ・モダン・ダンスの系譜の中で踊り始めるが 徐々に逸脱。 医科学領域で博士(Ph.D.) となり、細胞性免疫に着目して研究を深める。その頃から 身体感覚に潜む 『心の襞』と向き合いだし、1995年に身体パフォーマンスとして提示。 2001年に海外での放浪的表現活動を体験し、『現象として存在する身体ソノモノ』 に 興味を持ち始める。 現在は、肉体知が突き動かす身体感覚を基点に モノやヒトと交感してゆく プロセス的行為を 『身体事』 と名付け、その成立に関わる要素を探究し続ける一方、ソロ・パフォーマンス や 気づきのワークショップなどを、 国内外の様々な環境で展開中。

非常勤講師として 女子美術大学大学院において『アートにおける身体感覚の重要性』や『身体の可能性』について説く。

また、ピナ・バウッシュ&ヴッパタール舞踊団のボディ・マネージメントを請け負い、日本・パリ公演などに参加した経験を有する。

http://www.nsknet.or.jp/~kitao

〈内容の詳細〉

身体の応答を通して自己を見つめ、様々な可能性に出会うことを目的とした “気づきのワークショップ”となります。

カラダとココロの無自覚な抑制を取り除く導入ワークをへて、身体に向きあう姿勢との出会いを体験していただいた後、感じて動く事を重視した小さなムーブメント や 身体の内外に広がる空間を意識できる簡単なボディ・ワークを体験し、環境に対して刻々と変化する身体の応答を観察してみてもらいます。

gallery kissa空間に発生したり 心や身体の内外に発見したり… の『多様性あるカラダの在り様 や 静かに拡がる芳醇な瞬間の連続』を 楽しんでいただきたい! と 考えています。その後、(普段とは少し違うand/or 普段は気に留まらない)お互いの存在の様子 や 気になる事柄 を写真として記録に残したり、自分の身体感覚を文字や絵に描写したり、軽く動いてみたりの 『身体事』etc.で締めくくり、最後の30分間は、感じたことをシェアしたり(お茶を飲みながら?)お喋りしたり… と 思っています。   それらは、参加して下さった方々への 小さな小さなプレゼント(お土産)です