2018.5.19-6.17 造形作家 志村リョウ個展「きっかけのモノガタリ」開催のおしらせ

5月19日(土)より、造形作家 志村リョウ個展「きっかけのモノガタリ」を開催いたします。

造形作家
志村リョウ 個展

きっかけのモノガタリ

今回の展示では、志村リョウが作家活動を本格的に始めた2010年の作品から2018年の新作まで、一同に作品を集め個展を開催します。

志村氏は、子どものころ公園の遊具として親しんだカバが絶滅危惧種だということを知ったことをきっかけに作家としての活動が始まりました。

好きな動物のかたちをつくるという想いから、ほぼ独学で立体造形に取り組み、絶滅危惧種、動物の群れなど、頭で思い描いている動物へ向けた独自の視線をカタチにしてきました。

そして、動物の細密な立体造形とディフォルメした立体づくりを行き来し取り組むなか、2013年アッシュコンセプトから「カバクレヨン」が発売されます(h-concept.jp/fs/hshop/c/kaba-crayon)。子どものころの遊具がきっかけで、始まった作家活動の理想形のようなプロダクトで、親しみ遊びながら、動物について考えてもらうきっかけになってほしい、という想いがこのカバクレヨンには込められています。

2016年のギャラリーキッサでの志村リョウ展よりディフォルメされた造形をイラストにするという試みが始まり、近年はイラストが立体とは別に動き出し、物語が生み出され、主にインスタグラム(@shimura.ryo)でイラストの物語が展開されています。

立体から始まり、そのかたちから平面のイラストが生まれ、そこからまた新たな立体が生まれるという、作品が生まれるエコシステムが完成したのがこの8年間と言えるかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「動物を見つめ作品を造り始めて8年。
これまでに生まれたカタチを集めてみたら、
そこには物語がありました。」

(志村リョウ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の展示は、志村リョウの8年間の集大成と言えるものになります。そして、2018年の新作はどうなっているのか、ぜひ今回の展示に足を運んでいただきご覧いただけたらと思います。

 

初日5/19(土)には18:00〜オープニングもあります。
どなたでも参加できます!ぜひお越しください。
お待ちしております。

また、展示期間中の5月25日(金)、26日(土)、27日(日)
第10回モノマチが台東区の南地域で開催されます。

モノマチは、街を歩きながら「街」と「ものづくり」の魅力に触れていただく3日間のイベントです。gallery kissaも第4回から参加し、今年で7回目の参加となりました。

もちろん、ギャラリーでも期間中モノマチイベントも開催します。

ワークショップ 「金属製ハシオキを造ろう」
(ペイパーウェイトにもなります)

5/26(土) ①10:00~ ②14:00~
5/27(日) ①10:00~ ②14:00~

各120分程度 参加費 4800円(材料費込み)

作家オリジナルの金属用シリコン型に材料を流し込み、世界にたった1つの「金属製ハシオキ」を造りましょう。(カバ・サイ・シロクマの中から一つ選べます)

参加ご希望の方は、以下のフォームよりお申込みください。

※金属製ハシオキのワークショップは定員に達しましたのでお申込みは一旦締めきりました。

 

【場所】gallery kissa  最寄り駅「蔵前駅 or 浅草橋駅」
【日程】2018年5月19日 (金)~ 6月17日(日)
【時刻と休館日】水曜から土曜 12:00~19:30 日曜 12:00~17:00 休業日 月曜・火曜

【お問い合わせ先】gallery kissa  Tel. 03-5829-9268  Mail. info@gallerykissa.jp

造形作家 志村リョウ  (Plastic Artist  Ryo Shimura)

略歴
・1985 東京生まれ
・2008 東京造形大学サステナブルプロジェクト専攻卒。
・2010 東京造形大学大学院デザイン研究領域修了。

志村リョウHP
http://shimura-ryo.main.jp

笠原直樹展 「美の裏」 2018.3.2(Fri)-3.31(Sat) 開催のお知らせ

年始からしばらく常設展示(PETE THE CAT展)を開催していましたが、
いよいよ本年度の企画展 「美の裏」 笠原直樹展が3月2日(金)より始まります。

笠原直樹展 「美の裏」

~美の裏側の世界を探して~

会期:2018年3月2日(金)~3月31日(土)
時間: 水-土 12:00-19:30/日祝 -17:00

ギャラリーとしては初となる抽象表現の展示となります。

2016年からアート活動を始めておられるのですが、主な活動の場は、インスタグラム、そして個展を開催するのは初となります。

https://www.instagram.com/junkie_creators/

幼少から書道に親しんでいたため、自然と墨でのアート活動を始めたところ、墨自体の持つ魅力に魅せられ、書道のように文字に限定された表現ではなく、より墨の魅力を発見する手法として抽象表現の墨絵に至る。

「墨は奥が深く、硯に向かって墨をするだけで丸一日過ぎてしまう」という。同じ墨でも、すりかたによって様々な色や紙にのせたときの滲みが違い、墨にしかできない表現がまだまだある。保存を適正に管理さえすれば、数千年経っても劣化しない墨という不思議な素材にはまだまだ可能性が秘めていて、魅力は尽きることはないという。

今回の展示のテーマは、人の目には普段はいらないような部分、存在はするけど気づかれなかったりするような、美の裏側の世界。そんな世界を一緒に探求していただけたらと思います。


「無題」 笠原直樹

今回の展示では、コレクターの方からお借りした作品も展示する予定です。

ぜひこの機会に墨の魅力について大いに感じでください。

gallery kissa
東京都台東区浅草橋 3-25-7 NIビル4F 03-5829-9268 https://gallerykissa.jp/
JR浅草橋駅 東口徒歩7分/浅草線 蔵前駅A1徒歩3分/大江戸線 蔵前駅徒歩8分

2017/4/8 – 4/28 よこただいすけ展 beans開催。かわいいものとダンボールのひみつ

2017年初の企画展がいよいよ始まります。

よこただいすけ展 beans 4月8日(土)~4月28日(金) キッサで紹介するのは初の作家さんとなります。

プレスリリース よこただいすけ展 beans

主役はかわいい生きものです。

かわいいものが好きで、絵を描いています。
今回はギャラリー・キッサにちなんでネコが多めです。

 

よこただいすけ氏は、使用済みダンボールや商品パッケージの裏などにイラストや絵を描いたりしています。廃材アートなど、廃棄物を利用して作られたアートのジャンルもありますが、環境問題への関心や廃材に対しての思い入れが、、というわけではなさそうで、「白い紙に描くのが怖いから」というのが理由らしい。

そして、かわいいものが持っている癒しや、緊張がほぐされる感覚が、よこた氏の描くダンボールの絵から生み出されるのは偶然ではないと思う。それは白い紙に描いていることが多いよこた氏のモノクロームの絵と対比すると良くわかるでしょう。

よこただいすけ展 beansでは、かわいい新作が沢山並びます。おたのしみに~

オープニングパーティー 4/8(土) 17:00~

どなたでも自由にさんかいただけます。ぜひいらしてください。
よこただいすけ HP: http://www.creativeholidays.org/
(プロフィール)
よこただいすけ YOKOTA Daisuke

1973年 東京都生まれ
1995年 武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業
2001年 Art Center College of Design(アメリカ/パサデナ)Graphic Design学科卒業

グラフィックデザイナーを経て2005年よりフリーに。現在はイラストレーションを中心に活動中。
2007年に絵本『私はネコが嫌いだ。』で第13回新風舎えほん大賞金賞を受賞。同著は翌年、出版社の倒産により絶版となるも復刻を希望する声が後を絶たず、2016年8月に満を持して復刻を果たす。
2008年より株式会社ベネッセコーポレーション小学生英語教材「BE-GO Global」のキャラクター開発に携わり、現在も同社こどもちゃれんじの「しまじろう」を中心としたキャラクターイラストや絵本など、数多くの仕事を手掛けている。

(主な展示)
2001年 nil(Hollywood)
2009年 くまくまおっさん展(西荻窪 Mu-Rung)
2012年 本郷高校デザイン科展(本郷学園旧デザイン科棟)
2012年 よこただいすけ展「シロとクロ」(ギャラリーNIW)
2013年 「シロとクロ」at ラ・クチーナ・エスプレッサ(La Cucina Espressa)
2016年 目黒モダン(GREGG ART GALLERY)
2016年 よこただいすけ展「meatball」(Galerie Floraison)

gallery kissa
東京都台東区浅草橋3-25-7 NIビル4F
Tel. 03-5829-9268 Mail. info@gallerykissa.jp HP. http://info@gallerykissa.jp
展示期間中の営業時間:火曜から土曜 12:00~19:30 日曜 12:00~17:00 休業日:月曜

2014.09.13(Sat.) ひみつの庭 林ゆいか展の開催と、オープニングレセプションのお知らせ

niwa-he

ひみつの庭 林ゆいか展

会期: 2014 年 9 月 13日 ( 土 ) – 10月 19 日 ( 日 )

レセプションパーティー : 9 月 13 日 ( 土 ) 18:00-

この度 gallery kissa にて、9 月 13 日(土)から 10 月 19 日 (日) までの期間、 林ゆいか 展 「ひみつの庭」 を企画いたします。

武蔵野美術大学で日本画学科 卒業し、テキスタイルデザインなどの会社を経て、現在に至ります。昨年、銀座で初の個展を開催。和紙に岩絵の具などの日本画の画材と手法を取り入れながらも、枠にとらわれない独自の世界を生み出しています。日常に現れる、ふとしたファンタジー、そんな世界を楽しんでいただきたいと思います。

プレスリリース

9月13日(土)初日の18:00より、オープニングレセプションを行います。
入場無料、予約不要、誰でもご参加いただけます。作家の林ゆいかさんを囲んでゆるくオープニングレセプションをいたしますので、ぜひいらしてください。

Facebook のイベントページ https://www.facebook.com/events/326931394143105/
”わたしの庭の奥の奥
ぽっかり空いた原っぱと
そこに棲まういきものたち

森をすすんでいった先や
鳥がよこぎった空の向こう
小さな名もない草のあいだ
垣根のシルエットのなかにも

それはふとしたときに現れるのです”

台東モノづくりイベント、秋モノマチ(monomachi.com)が、10月17日(金)、18日(土)、19日(日)の3日間行われます。 開催期間中、ワークショップも予定しています。
本格的な日本画の画材を使って小さな絵を描くワークショップです。詳細はお問い合わせいただくか、ホームページの展覧会情報をご覧ください。

作家在廊予定:
期間中の土曜日、10月17日(金)、10月18日(土)、10月19日(日)
その他の日付はご相談ください。

プロフィール

1985年  埼玉生まれ
2008年 武蔵野美術大学造形学部日本画学科 卒業

個 展

2013年  にちにちつながり  ギャラリー檜plus / 京橋

グループ展

2014年  99人展 サム・ホール・コミュニケーション2014展  ギャラリーQ / 銀座
マトリョーシカの日2014 gallery re:tail / 百想 / 吉祥寺
2013年 HINOKI ANNUAL  ギャラリー檜 B.C / 京橋
To the forest ~森へ~  GINZA HAKKO 木の香 / 銀座
おらたちあまちゃんが止まらねえ展  新宿眼科画廊 / 新宿
ながら展  フリュウギャラリー/ 千駄木
99人展 サム・ホール・コミュニケーション展  ギャラリーQ / 銀座
interactive YOUTH 展  ギャラリー檜B.C / 京橋
2012年 月光壮ムーンライト展2012 月光壮画材店 / 銀座
2011年 風景の気配2011展  新宿眼科画廊 / 新宿
2010年 ART & PHOTOBOOK EXHIBITION 2010  新宿眼科画廊 / 新宿
風景の気配展   新宿眼科画廊 / 新宿
2007年 3びきの子ねこ展   galeri KATAK KATAK / 経堂
Young Impression それゆけ!日本画展 / 武蔵野美術大学12号館地下展示室
2006年 理化学研究所プロジェクト 2007 / 理化学研究所横浜研究所

 

 

omote#3

イベントページ
https://gallerykissa.jp/event/20140913

[mapsmarker marker=”1″]
gallery kissa
〒111-0053 東京都台東区浅草橋3-25-7 4F
12:00 – 19:30 水-土 (~17:00 日曜日)
都営浅草線 蔵前駅より徒歩3分
JR総武線 浅草橋駅より徒歩7分

2014.05月17日(土) 18:00~ いぬねこ島へようこそ! はしもとみお展 レセプション、19:00~ カリンバSage×橋本学 ライブ

みなさん、こんにちは!

「海に浮かぶ小さな島、旅人が疲れ果ててたどり着いたその島には、あふれんばかりの木でできた彫刻の、いぬ、ねこ!
旅人はその島を、いぬねこ島と名付け、島ぜんぶを、美術展にしてしまおうと考えたのでした ! 」

すてきな彫刻の島へようこそ、今回発見された彫刻家 はしもとみおの木彫、いぬ、とねこ、に注目して展覧会を開催します。

来月の5月17日(土)より、「いぬねこ島へようこそ!」 彫刻家はしもとみお展がいよいよ始まります。

プレスリリース

全国の犬好き、猫好きはもちろん、猫が好きだけど猫アレルギーで触れない人、犬猫が苦手という人などなど、年齢・性別も問いません。ぜひ、はしもとみおさんの魅力あるいぬねこ彫刻に会いに来てください!

20140517_omote

5月17日(土)18:00からオープニングレセプションパーティーを行います。たくさんの方のお越しを、いぬ・ねこ彫刻共にお待ちしております。

19:00からは、スペシャルゲストに、はしもとみおさんのお兄さんで、打楽器奏者の橋本学さんと、カリンバ奏者のセージさんを迎えオープニングライブを行います。

prof1 橋本学

橋本学ホームページ

 

sage カリンバSage

カリンバ Sage(セージ)のブログ~天数ふ金雫の響きに音遊む~

橋本学さんとカリンバSageさん、お二人は今回のライブが初対面にして、初共演。お二人の出会いで、どんな音色が聞けるのか、ドキドキしています。

オープニングライブにご参加希望の方は、以下のフォームよりご予約お申込みください。無料ライブで、赤ちゃんから大人まで、どなたでもご参加いただけますが、来場者多数の場合は、限られたスペースの関係、ご予約いただいていない方は入場できない場合があります。

ご興味ある方は、ご予約の上お越しください。(定員25名・予約推奨)

ライブは19:00からですが、18:00からは、はしもとみおさんのお話もお聞きできますので、レセプション開始からお越しいただくことをお勧めします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

連絡先電話番号(必須)

参加人数(必須)
 名

メッセージ・質問

captcha

上のCAPTCHA文字を入力後、参加申込みを押してください。

gallery kissa

〒111-0053
東京都台東区浅草橋3-25-7 4F
電話 03-5829-9268

【最寄駅】
JR総武線 浅草橋駅 東口 徒歩7分
都営浅草線 蔵前駅 A1 徒歩3分
都営大江戸線 蔵前駅 徒歩8分

https://gallerykissa.jp/event/20140517