浅草橋しおこうじ スイーツ! 新メニューのしおこうじカップケーキ

浅草橋西口近くに、「しおこうじ おじさん」が化学調味料・食品添加物を一切使用しない、手作り塩麹のお店を出しています。とにかく、こだわりが多くて、話好きなので、いつもしおこうじを買いに行くと、30分くらい立ち話をしてしまいます。

ここの、しおこうじスイーツが美味しいので、ギャラリーのカフェメニューに今年の5月モノマチの時から加えています。

クッキーや、サブレなどスイーツにしおこうじを加えて焼き上げているのですが、自然の麹の甘味で砂糖も控えめで作ることができます。なにはともあれ美味しいので一度食べてみていただきたい。

そして今日から、新スイーツのカップケーキ(塩麹マドレーヌ)が加わりました。ダークチェリーが中に入っています。しおこうじおじさんのこだわりでは、植物性油を使わず「バターを使っている」のというのを力説していました。

SDIM0765

新メニュー しおこうじ カップケーキは200円。おなじみ、しおこうじ サブレは100円です。

しおこうじおじさんは、本も出版されていますのでご紹介~

8月4日(土) 第1土曜日の蔵前map、8月10日(土) SUMMER NIGHT JAZZ @ Nui.

最近は、暑かったり、大雨だったり、外に出るのもいやになる日が続いています。

ジブリの最新作「風立ちぬ」が公開されたこともあって、映画館で涼しく過ごすのもいいですが、思い切って外を散歩して夏の街歩きも楽しみましょう。

来週8月3日の土曜日は蔵前の第一土曜日イベントです。

kuramaemap_aug

さて、ここで8月10日(土)の宣伝も!

「SUMMER NIGHT JAZZ 真夏のジャズライブ」

10日土曜日の夜はジャズライブが蔵前のNui.というかっこいいホステルの1Fラウンジで行います。
ジャズピアノの田中菜緒子さんと知り合いなのですが、普段はジャズクラブでライブやセッションを行っています。とにかく、かっこいいので、もっと広く沢山の人にジャズの魅力と共に、田中菜緒子さんのピアノを聴いてもらいたいと思い、企画させていただきました。Nui.の1Fラウンジに鎮座しているグランドピアノを使わせていただき、若手女性トランペットの村田千紘さんとのデュオライブです。

ピアノとトランペットのデュオライブ。組み合わせも期待させますね。

ちなみに、私も村田さんのトランペットを聴くのは初めて。とても楽しみです。

18:30がファーストセットで、20:00がセカンドセット。ジャズですが、少し早めにスタートします。普段ジャズを聴かない、人達だけでなく、近所の子ども達にもジャズを聴いてもらおうと、18:30から演奏を始めます。

沢山の方のご来場お待ちしています。

20130810

日時:8月10日(土)
18:30 ファーストセット 20:00 セカンドセット

出演:田中菜緒子(pf) 村田千紘(tp)

場所:HOSTEL & BARLOUNGE Nui. 1F
東京都台東区蔵前2−14−13

チケット:2,000円(要1ドリンクオーダー)

席はテーブル席もありますが、ほとんどがスタンディングとなっております。 ステイ中の外国人ゲストと話を立ち話をしながら聴くのもいいかと思いますよ! 私たちの宿はライブ用のスペースではありませんので、不便な点もあるかと思いますが、様々な国の方が行き交う宿の雰囲気も共に楽しんで頂ければと思います。

予約方法:お名前、人数、連絡先を明記の上、下記連絡先までお願いします。

tomoko.m@backpackersjapan.co.jp(担当:宮嶌)

http://backpackersjapan.co.jp/nui/2013/07/-miya-jazz.html

2013/06/08 「自然の造形美展」 オープニングパーティー。皆様ありがとうございます。

「自然の造形美展」オープニングパーティ、本当に多くの方々にお越しいただき、ありがとうございました。
全然対応しきれず、色々なことが頭から飛んでしまいました。。。

完全にキャパシティーオーバーでお越しいただいた方々には色々とご不便をおかけしてしまいました。大変申し訳ありませんでした。それにもかかわらず、沢山の暖かい言葉をかけていただき、本当にありがとうございます!

今回の展示が迎えられることが出来たものも、色々な方々との助けがあって出来たのですが、メインのお話はやはり吉村さんに語っていただこうという焦りで、お越しいただいた方々にその事をお伝えできませんでした。

屋木さん、ありがとうございます。今回の展示が実現できたのも、屋木はるかさん、屋木純一さんが吉村さんをご紹介いただいたおかげです。

そして、中村さん、ありがとうございます。ギャラリーが無事1周年の、この日を迎えられたのも中村さんがギャラリーのオープン後まもなく気が向いてふらりと立ち寄っていただいたおかげに間違えありません。その事がきっかけで屋木さんと知り合うことが出来ました。

吉村さんには最後の最後まで、まさに全身全霊をこの日の為に注いでいただき、本日の「自然の造形美展」オープニングを迎えることが出来ました。安易に展示日を決めてしまい、準備期間が明らかに少ないことに時が進むにつれて気づかされ、申し訳ない気持ちでいっぱいになりましたが、「皆をあっと言わせる」という吉村さんの言葉通り、来場される方々が本当に「驚かされずにいられない」濃い内容の展示に仕上がっています。

他にもお礼を言いたい方々は沢山いるのですが、ここでは屋木はるかさん、屋木純一さん、中村さん、吉村さん、そしてご来場いただいた皆様に対して特別にお礼を言いたいと思います。ありがとうございます。

全て達成した気分のようでもありますが、「自然の造形美展」まだオープニングを終えたばかりで、会期は7月6日まで、まだ1ヶ月近くあります。1人でも多くの方々に今回の展示を観ていただきたいと思います。

エレベーターのないビル4階で非常に不便な場所ですが、どうぞ足をお運びいただき、「自然の造形美」と吉村さんの創り出すその世界観にどうか触れていただきたいと思います。きっと何か感じるものがあると思います。

https://gallerykissa.jp/nature-art-exhibition/

2013年6月8日 gallery kissa 瀧本佳成

060900

 

060901

P1020384

 

2013年 4月1日より営業時間変更のお知らせ

このたびより多くの方々にアクセスのしやすいギャラリーにするため、gallery kissa (ギャラリー・キッサ) の休廊日、営業時間を下記の通り変更致します。

● 変更実施日 2013年4月1日から

● 営業時間 12:00~19:30 水曜日から土曜日 12:00~17:00 日曜日

● 休廊日 月曜日・火曜日

日曜日が営業日に加わりますので、週末にもギャラリーに立ち寄って頂き易くなります。
祝日の取り扱いは基本的には上記曜日どおりとさせていただきます。

臨時休業などもございますので、予めホームページで予定をご確認いただければ幸いです。

5月5日(日・祝) 「上野の森 親子フェスタ2013」〜『ねこのピート』出版記念公演〜 マジックと音楽と絵本の親子LIVE

大発表!ニュースです!!奥さん!

ジェームス・ディーンさんの PETE THE CAT シリーズ絵本第一弾「I Love My White Shoes」の翻訳本(邦題は「ねこのピート: だいすきな しろいくつ」)が5月に発売が決まっているのですが、ニュースはそれだけではありません。

ねこのピート表1

なんと、5月5日の子どもの日に日本の最大絵本フェスタがあるのですが、そのメインイベント会場、東京国立博物館平成館大講堂で「ねこのピート」ライブが行われます!(キャー~)

JPIC主催「上野の森 親子フェスタ2013」

〜『ねこのピート』出版記念公演〜
マジックと音楽と絵本の親子LIVE

日時:5月5日(日・祝) 10:30~12:00
http://www.jpic.or.jp/event/ueno/schedule.html
会場:東京国立博物館平成館大講堂
出演:大友剛(マジック、ピアノ、絵本朗読)
特別ゲスト:福本友美子さん(『おやすみ、はたらくくるまたち』訳者)
要予約 4月18日必着 申込は↓ 大友剛さんのねこのピートライブは「C」です。
http://www.jpic.or.jp/event/ueno/application.html

5月3日から5日の「上野の森 親子フェスタ」では、絵本、児童書など約4万冊の書籍を読者謝恩価格で販売するそうです。(収益金は、子どもの読書活動の支援金に充当するそうです。)

新刊『ねこのピート』も特別価格で買えるようです!

特別ゲストの福本さんとのコラボレーションも乞うご期待!

予約は早めにどうぞ!

3月2日(土) 第1土曜日の蔵前map

毎日、極寒の日々が続いていますね。3月2日の蔵前mapが届きました。
今週末は暖かくなると良いですね。

kuramaemap_mar+

今週の土曜日も gallery kissaでは、12:00 – 14:00 は喜多尾 浩代による「気づきのワークショップ」を行っています。今回は第二回目となります。
初参加の方々もまだまだ募集してますよ。

ギャラリーキッサでは、おいしいコーヒーをご用意しています。
新ドリンクメニューの「ソイカモミール」かなり好評をいただいております。

ぜひ、近くにこられた際はお立ち寄りください。

もちろん、第1土曜日の蔵前mapの配布も行っています。手に取って蔵前散歩を楽しんでください。

オズマガジン 3月号に掲載されました。「私らしく雑貨えらび」のひとやすみスポットのコーナーです。

本日 2013年2月12日発売のOZ magazine 3月号にgallery kissa を掲載していただきました! ozmagazine_03_1 隠れ家ギャラリーらしく、今月号の特集「私らしく 雑貨えらび」の雑貨特集のコーナーではなく、「立ち寄りひとやすみスポット」のコーナーにひっそりと掲載されています。紹介文もすてきに、まとめていただいています。 ozmagazine ひとやすみスポットとしてはドリンクしかない所ではありますが、ビル4Fにあるマニアックな場所を発見していただき、ご紹介いただけるとは本当にありがたいです。 お立ち寄りいただいた際には、ぜひ ジェームス・ディーンさんの描く PETE THE CAT ねこのピートのイラストもゆっくりとご覧ください。猫好きであれば、思わずニヤリとせずにはいられないと思います。5月までは常設展でピートの展示がメインです。とにかく原画を多くの方にご覧いただきたいです。 今年の6月からは、ピート以外の展示も始まります。素敵なアートに触れ合うことが出来る場所にしていく予定です。毎月のように新しいショップがオープンし、変貌する蔵前を探索する途中に、ひとやすみ、ぜひお立ち寄りください。 gallery kissa 瀧本佳成 P.S. 編集部の方、浅草橋駅が、「浅草」になってますよ。。。間違えていなくても間違える人が多い、浅草橋という場所なので、本当に間違える人が沢山いそう。(^_^;)

2013年2月 3日 (日) 群馬県・高崎シティギャラリー コアホール はせぼん&たけぼん『絵本とマジックと音楽の世界』

pete

現在ジェームス・ディーンさんが描くねこのピート(Pete the Cat)の絵本「Pete the Cat: I Love My White Shoes」の翻訳作業が進められています。実は、まだ翻訳は未完成(第2稿くらい)の段階なのですが、本日は公共の場で、満員御礼の300人以上の聴衆の前で、まだ未発売の絵本が読み聞かせされるという異例のライブが行われました。

キッサの看板ぼうや、ゆっきーも連れ、家族で車で高崎に駆けつけました。本当に行って良かったです。歴史的な日になりそうです。

この絵本は絵がPete the Catのジェームス・ディーンさん、文がシンガーソングライターのエリック・リトウィンさんの共著で、ねこのピートが登場する最初の絵本です。アメリカでは2008年に出版されました。現在ではシリーズ物になっていて4冊目が去年のクリスマスに発売さています。この、ねこのピートシリーズの絵本は現在NYタイムスのベストセラーリスト・トップ10に40週連続でランクインしている、アメリカではものすごい人気の絵本です。今週も4位、5位で2冊ランクインしていて、まだ、記録更新中です。http://www.nytimes.com/best-sellers-books/2013-02-10/picture-books/list.html

この”I Love My White Shoes”、日本語で「だいすきな しろい くつ(仮)」というタイトルですが、個人的に大好きな絵本で、2008年にジェームスさんの描くピートに出会うと同時に存在を知った絵本です。とにかく、内容がクールで、ピートの絵からもにじみ出ているクールでありながら温かみがあって、少しお茶目な性格と絶妙にマッチしていているところが素晴らしいです。絵本の文を担当しているエリックさんが、ジェームスさんの描くねこのピートの熱烈なファンであろうことが、この絵本の内容からも伺えます。絵本のあらすじですが、ピートは自分が履いている新品の白いくつが、だいすきで、”I love my white shoes”と歌を歌って歩いているのですが、途中にいちごの山に踏み入れて、真っ白なくつが真っ赤になります。悲しんで泣くかと心配な所ですが…、ピートは”Everything is cool!”などと、つぶやいて、そのまま歩きつづけ、歌って道を進みます。”I love my white shoes”といった、ピートが歌う箇所では、シンガーソングライターのエリックさん(Mr. Eric)が、メロディーを付けていて、ロックな感じで歌いながら本を読み進められる、とにかく楽しい絵本です。

この歌える所が、この絵本の1番の魅力でもあるのですが、ジェームスさんとエリックさんが子供たちに読み聞かせているYouTubeでの動画(https://www.youtube.com/watch?v=nUubMSfIs-U)は、81万回以上も再生されています。とにかく、子供たちの楽しそうなライブでの読み聞かせが最高です。YouTubeの中でPete The Catのキーワードを使って検索すると、本当に沢山の”子供たち”による本読みもあるのですが、どれも、とても楽しそうです。

ジェームスさんの描くPete The Catがとにかく、たまらなく好きで、ギャラリーを始め、常設で原画を展示しています。加えて、英語版のピートの絵本もギャラリーに展示していて、ピートの楽しさを伝えるのに皆に勧めていたのですが。やはり言語の障害は大きいので、この絵本をどうにか日本語訳して出版できないだろうかと考えていました。高校の時の同級生である親友が児童書の出版社に勤めていた事を思い出し、彼にメールをしたのが、去年2012年の10月3日のことでした。

それからと言うもの…、この、ねこのピートの日本語翻訳プロジェクトはものすごい、急ピッチで進んでいて、様々なことが異例なほどのフライングで進められて、様々な素晴らしい方々とのめぐりあわせがあり、今では毎日のようにピートのうれしいニュースが飛び込んできて驚きの毎日です。初めに出版社で企画が通った段階では、来期の出版予定2013年8月から2014年7月の間のどこかの時点で発売される。と、聞いていて、それを楽しみにしていたのですが、今では、今年2013年の5月発売予定となっています。かなり前倒し。このスケジュールで”完璧な”翻訳本を出したいので、異例のフライングで公共の場でのライブ読み聞かせを行っています。

本日、未完成とは言え、公共の場で絵本の読み聞かせが行われたので、もう情報公開して良いのだろうと思うので、知れ渡ったことだけちょっと公開。

まず、翻訳を 大友剛 さんに行っていただけることになりました(実は高校の後輩でもあり、高校で音楽の先生だった恩師の息子さん)。アメリカ・ネバダ州立大学で音楽と教育を学ばれた方で、音楽とマジックという異色の組み合わせで国内外で活動、日本の幼稚園や保育園ではひっぱりだこ。2011年3月11日の震災後は被災地に何度も出向き、子供たちを音楽とマジックで楽しませ、元気づけている、素晴らしい方です。音楽と共に楽しむ、ねこのピートの翻訳には、この方以外には、いないでしょう!訳を読んで、ライブを観て、本当に実感しました。アメリカでのギターでのピートの読み聞かせライブもいいですが、ジャズピアノでのピートのライブも最高にかっこいいです。そして、今や大友さんは家族中でピートの熱烈なファンでもあります。大友さんの息子さんはピートのTシャツを着て、真っ白なしろい くつを履いておられました(笑)。

pete2

今日は、特別出演でさとちゃんによるカホンと呼ばれる珍しいパーカッション付でライブが行われました。
今日のライブも、歌の所でさいこうに盛り上がりました。やっぱりピートの絵本はこうでなくては!

さらに、大友さんは「Music&Magicキャラバン はせぼん&たけぼん」という活動を絵本作家の長谷川義史と共に、絵本の読み聞かせと共に、音楽とマジックを子供たちに届ける活動をされています。そのことがきっかけで、あの独特な文字画も描かれる長谷川義史さんに、何とねこのピートの絵本の翻訳文の文字画も添えていただけることが決定しました。本日、高崎で行われたライブ読み聞かせでは、長谷川義史さんの文字画が使われていませんが、これから長谷川さんに文字を描いていただくことが正式に発表されました。

SDIM1023_2

上のプロジェクタに写っている絵が「はせぼん&たけぼん」のキャラクターを現した、長谷川義史さんによる絵です。下の模造紙に書かれた絵は、本日のアンコールの時に描かれたライブペインティング(ピアノが大友さん、ペイントが長谷川さん)。

SDIM1025

実は、本日は、ねこのピートの読み聞かせが未完成の状態で公開されただけでなく、なんと、長谷川義史さんも初めて日本語の(仮の)訳でライブをご覧になられた最初の日でした。

余談ですが、ここの群馬県・高崎シティギャラリー コアホールに設置されているピアノは、ベーゼンドルファー(Bösendorfer)のインペリアルモデルでした。インペリアルの生音を聴くのは実は、初めてです。本当に、甘くピアニッシモが素晴らしく鳴り響く、感動的な音をしていました。このピアノでピートの絵本のライブ読み聞かせが、行われて子供たちの歌が聴けるとは、これだけでも信じられないくらい幸せです。大友さんの渋いジャズの音色がホールに鳴り響いていました。

さらに、フライングもさることながら、本日は絵本の翻訳も完成ではないのに、予約まで(!)受付ており(2日前に予約受付のフライヤーが作られました)、予約が今日だけで24冊も入ったそうです。ありがとうございます!

SDIM1026_s

しかし、長谷川さん、大友さん本当にお疲れ様です!(本当に大変な一日だったと思います) 本日の高崎の公演では、長谷川義史さんの絵本もご自身により沢山読み聞かせていただきました。本当に素晴らしい読み聞かせでした。最後に「じ~ん」としみいる絵本も多く、読み終わった後の余韻も素晴らしく感じました。しかし、公演時間2時間を大幅に押して、アンコールのライブペインティングを含めると、2時間半にも及ぶ盛り沢山な公演でした。しかも、希望者全員にサインをしていただけるという、特別なご厚意により、サイン会は何と1時間45分にも及びました。大変お疲れな所、自分もちゃっかりサインをいただいてしまいました。申し訳ありません。でも、ゆっきーの似顔絵まで添えてサインを描いていただき、本当にありがとうございます!今日は、大友さんのご厚意に甘えて突然前触れもなく押しかけてしまい、長谷川さん気を悪くしなかったか、願うばかりです。

今回の高崎でのはせぼん&たけぼんライブを企画している「時をつむぐ会」の方々にも大変お世話になりました。ありがとうございます。

SDIM1029_2

最後に楽屋で大友さんに、世界に1つだけの、手作りによる木製の鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)を触らせていただきました。ぬくもりがあって、ずっしりと重い、とても素晴らしい鍵盤ハーモニカでした。

ねこのピートの絵本「だいすきな しろい くつ」は5月発売予定です!!

gallery kissa でも予約受け付けています。予約だけで初版本が売れきれる勢い、今のうちに予約をどうぞ!
ご予約していただいた方には、大友剛さんのサイン入りでお届けいたします。5月26日までにgallery kissaでご予約いただいた方は、お一人様1冊、先着20名”希望者のみ”限定で、特別にジェームス・ディーンさんのサイン入り絵本をお渡しいたします(6月初旬のお渡しになります)。

いやー、楽しみ。

写真

ホールの隣の展示会場では、「絵本原画展」が行われていました。この原画展もとても良かったです。長谷川義史さんはじめ、荒井良二さんや、なばたとしたかさんの貴重な絵本原画も拝見することが出来ました。上はこびとづかんの「こびと」を捕まえたの図。

屋木はるか個展 2013.1.7(mon) ~ 1.19(sat) Gallery×Cafe Jalona 「私の右手が描いたもの」

新年明けましておめでとうございます。ギャラリーKISSAは8日(火)から2013年の営業を始めました。

本年も皆様どうぞよろしくお願いします。

ギャラリーの2013年は看板猫君のピート君の展示で始まりました。

ここで早速KISSAの展示の宣伝をしたいところですが、本日はギャラリーに顔を出した後、優秀なスタッフYさんにギャラリーを任せて、赤坂のジャローナさんへ屋木はるかさんの個展を観に行ってきました。

SDIM0930

ジャローナさんにお邪魔するのは今日が初めてです。初めて行くギャラリースペースは、どんな所なのか、何時もワクワクします。ギャラリーを初めてからはスパイ活動も兼ねてます(笑)。さて、赤坂の駅すぐそばですが、場所が地下1Fなので目印は看板が頼り。屋木さんの絵はとても目につくのですぐにわかりました。この「クジラさんの絵に惹かれて来た!」という方の感想もゲストブックで見つけました。

SDIM0932

入口を入ると右手がカフェスペース、左手がギャラリースペースと分けられています。カフェだけでも、ギャラリーだけでも、両方の利用も可能だそうです。DMの絵柄にもなっている左手のクジラさん。「このクジラは何クジラ?」という質問を自分も含め、DMを観た方から質問を何度か聞きました。「オリジナルのクジラで存在しない」そうです。あえて言えば、おなかが白いシロナガスクジラとヒョウ柄のトラフザメを掛け合わせたクジラとのことです。とても、おしゃれです。

SDIM0937

展示スペースはこじんまりとしていて、シンプルで落ち着いて鑑賞できます。お邪魔した時も、何人かギャラリーだけに来られたかたもおり。1つ1つ丁寧に鑑賞されておられました。ちなみにカフェ店内はジャズが流れております。

クジラさん含めた新作6点がこの写真の後ろ側の壁に飾られています。どれもとても素敵でした。満月とうねる波が左手に描かれた作品は、屋木はるかさんの奥深さが感じられます。

SDIM0942

こちらは、「あさみ+こやぎ(屋木さん)によるハンコユニットfu、」によるハンコ作品もずらりと。ハンコデザインがこやぎさん、ハンコ彫があさみさんとのことです。どれもかわいらしいデザインばかりです。クジラさんのポストカードも販売していました。

SDIM0935

お昼を食べずにお邪魔したので、ギャラリーで鑑賞したあと、ランチセットもいただきました。ワッフルはベルギーワッフル風でサクッとおいしかったです。ギャラリーとカフェどちらもオーナーさんがお一人でこなしておられます。メニューは家族会議で決定されるそうです。

ジャローナさんのオーナーさんと少しおしゃべりをしてジャローナさんを後にしました。今後も面白そうな展示を色々紹介いただきました。またお邪魔したいです。

Gallery×Cafe Jalona
東京都港区赤坂2-6-22 デュオスカーラ赤坂Ⅱ B-102
東京メトロ千代田線赤坂駅(2番出口)より徒歩2分
TEL 03-3587-6810 HP http://www.jalona.jp

くるみさんガラス作品の新作小物が色々届きました。

こんにちは、くるみさん(アメリカ・オレゴン州ポートランド在住 ガラス作家 Kurumi Conley さん)のガラス小物が色々と海を渡って届きました。文字通りカラフル、「いろいろ」ですね!

ちなみに、このブログのカテゴリー「キッサ店」コーナーでは、ギャラリーKISSAで販売している作品を色々と紹介するコーナーです。お楽しみに!

SDIM0817

色とりどりの箸置きです。葉っぱの箸置き、珍しげな四角い形の箸置きなど色、形、デザインと色々あって楽しいです。こんな箸置きで机を飾ったら、きっと食事もおいしいことでしょう。透明感のあるものから、キラキラしたもの、淡い控えめの色合いのものどれも美しいです。

SDIM0815

こちらは、葉っぱの小皿、アクセサリー置きとかにもいいですね。色鮮やかな紅葉といったイメージでしょうか。

SDIM0816

こちらは、くるみさんの長女イザベルさくらさんの作品。バラの指輪です。今回新たに新色の「赤」と共に、サイズの小さな指輪も作っていただきました。大きめのバラの指輪も手に入れた方々にとても気に入っていただいてます。インパクトがあるので周りからの注目度は高めです。あちこちで「どこで手に入れたの?」と聞かれるようです。今なら、キッサに全色ありますよ!

SDIM0821

ブルー系も素敵ですね。ガラスの椅子、ガラスの小皿たち、箸置きなども一緒に並べてみました。

SDIM0824

少し前に届けていただいた、Black Summer Mossの小鉢版。直径12cmくらいの小鉢です。個人的にすごく気に入っています。

ギャラリーに展示しきれていない作品もあるので、くるみさんの作品を観に来られた方は、ぜひお声をかけてください。色々素敵な作品を隠し持っていますので、お出しいたします。