くるみさんガラス作品の新作小物が色々届きました。

こんにちは、くるみさん(アメリカ・オレゴン州ポートランド在住 ガラス作家 Kurumi Conley さん)のガラス小物が色々と海を渡って届きました。文字通りカラフル、「いろいろ」ですね!

ちなみに、このブログのカテゴリー「キッサ店」コーナーでは、ギャラリーKISSAで販売している作品を色々と紹介するコーナーです。お楽しみに!

SDIM0817

色とりどりの箸置きです。葉っぱの箸置き、珍しげな四角い形の箸置きなど色、形、デザインと色々あって楽しいです。こんな箸置きで机を飾ったら、きっと食事もおいしいことでしょう。透明感のあるものから、キラキラしたもの、淡い控えめの色合いのものどれも美しいです。

SDIM0815

こちらは、葉っぱの小皿、アクセサリー置きとかにもいいですね。色鮮やかな紅葉といったイメージでしょうか。

SDIM0816

こちらは、くるみさんの長女イザベルさくらさんの作品。バラの指輪です。今回新たに新色の「赤」と共に、サイズの小さな指輪も作っていただきました。大きめのバラの指輪も手に入れた方々にとても気に入っていただいてます。インパクトがあるので周りからの注目度は高めです。あちこちで「どこで手に入れたの?」と聞かれるようです。今なら、キッサに全色ありますよ!

SDIM0821

ブルー系も素敵ですね。ガラスの椅子、ガラスの小皿たち、箸置きなども一緒に並べてみました。

SDIM0824

少し前に届けていただいた、Black Summer Mossの小鉢版。直径12cmくらいの小鉢です。個人的にすごく気に入っています。

ギャラリーに展示しきれていない作品もあるので、くるみさんの作品を観に来られた方は、ぜひお声をかけてください。色々素敵な作品を隠し持っていますので、お出しいたします。

はしもとみおさん 2012年12月1~25日 代官山アドレスディセ 「動物たちと過ごすクリスマス」

今日はクリスマスイヴでした。

代官山のアドレスディセで行われている、はしもとみおさんの「動物たちと過ごすクリスマス」を観に行きました。

木彫りの等身大の彫刻たち、とってもかわいいです。写真で見ると一見リアルな印象でしょうか?実物はすごく自然で木彫り独特のあたたかさとかわいさがあります。

この彫刻には実際にモデルの動物たちがいてちゃんと名前も展示されていました。そうか、このコはchibiちゃんというどこかのだれかのかわいいわんちゃんなのね、と思うとなんだか幸せな気分になりました。うちのにゃんずの彫刻もいつかお願いしようとおもっていますうふふ。

SDIM0781 SDIM0783
SDIM0796 SDIM0800

そして、本日のメインイベント!

はしもとみおさんの「動物の似顔絵イベント」に参加させていただきました。

お昼過ぎに到着したら、希望の13時の回はすでにいっぱいで、思ったより遅い時間の予約になってしまいました。なんという人気。

 

さて始まりました。

モデルはキッサの看板ぼうや、ゆっきーです。さて、何の動物になったでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

動物の写真とモデルを見ながらさらさらと水彩絵の具で描いていくみおさん。描いている間は、みおさんとおしゃべりしながらモデルもリラックスしてていいのです。ゆっきーはあっち向いたりこっち向いたり表情もくるくる変わりますが、そんな状態でも似顔絵が描けるなんてすごい〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちらり。動物図鑑でしょうか?たくさんの動物さんの写真が載っているのです。

右の写真はちいさな白猫と、お魚ブランコにのっているくまさん。待っている間ゆっきーも楽しく遊んでいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あっもう顔ができてる〜。ゆっきーもわくわくどきどき。完成が楽しみ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お洋服の模様までしっかり。なまえと日付も入れてくださいました。最後に実物と並べてパシャリ。シロクマゆっきーの完成です。白い肌と水色のお洋服がシロクマちゃんカラーです。今回は作家さんにおまかせしましたが、希望があれば好きな動物に描いてくれるとのことです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自宅に戻り、改めて並べて写真を撮りたい。。けど大騒ぎしてなかなか撮らせてくれないゆっきーでした。そのハイテンションぶりに二コとイクラまでやってきてカオス!がんばりました〜。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

年末年始のご案内

年末の営業は2012年12月27日(木)まで、年始は2013年1月8日(火)からとなります。

今日はクリスマスイブで今年も残すことあと1週間ほど。みなさん思い思いの1年だったと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。個人的には本当に大変な1年だったような気がしますが、素敵な出会いも本当に沢山ありました。

来年展示の予定が”少し”ずつですが面白い企画が決まり始めています。とてもワクワクした心境です。

そして、来年はついにピート君の絵本の翻訳版が発売されます。自分では到底想像出来ないほど素晴らしい方々に関わっていただいて、本当に良い絵本が日本の子供たちに届けられそうです。

今年の年末と年始はピート君の作品の展示となります。ピート君でギャラリーの壁を埋めます。

風邪やウィルスが流行っています。体を温めて寒い日を乗り越えましょう。

Happy Holidays and Have a Happy New Year!

写真 2012-11-20 18 56 54

2012.12.15(土) 16:00 & 18:00 譲原えりか 「光と音で楽しむ筑前琵琶歌」

筑前琵琶歌で聴く『本能寺』

20121215

16:00のステージは赤ちゃん子供連れ歓迎
2ステージ 各45分 (※各回30分前より受付開始)
参加費: 2,000円  場所: ギャラリーkissa
※大人付き添いの場合小学生以下無料

ご予約とお問い合わせ info@gallerykissa.jp
Fax 03-5829-9157
定員30名

《各ステージの演目》

  • ・ 琵琶の音を楽しむ
  • ・ 筑前琵琶歌「本能寺」
  • ・ 演奏と歌詞の解説

Gallery kissa 東京都台東区浅草橋3-25-7 NIビル4F  https://gallerykissa.jp/
Open 12:00-19:30 Closed 日・月・祝
当日の連絡先 : 03-5829-9268

筑前琵琶歌
譲原えりか 略歴

幼少よりピアノを長島みゆきに師事。
武蔵野音楽大学器楽学科ピアノ専攻をへて
武蔵野音楽大学院音楽研究科修士課程音楽学専攻第2年次在学中。
大学院では、日本音楽の一種目である筑前琵琶楽について
研究を行うかたわら、筑前琵琶歌の演奏を本橋旭鴬に師事。
また、2011年の沖縄滞在より沖縄民謡を島袋昌也、石嶺武則に師事。

光のインス タ レーシ ョン
平井庄子 略歴

京都造形芸術大学芸術学部美術工芸学科洋画コース卒業
東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻 修士課程在籍
2010 「らくらくフェスティバル」(GALLERY RAKU)
2011 「LIVE ART vol.1 松の緑」(GALLERY PARC) 「一雫のカクリツ」(GALLERY SUZUKI) 他

2012.9.29 sat -11. 3 sat 屋木はるか個展 「たくさんの、ちいさな」

6月に東京都は蔵前にギャラリーをプレオープンいたしましてから初めての企画の個展は東京藝術大学修士に在籍する屋木はるか個展の開催となります。今後のギャラリー活動の方向性を知る企画となりますので、是非足をお運びください。

omote

2012 生存戦略 ペン画

東京藝術大学修士に在籍する「細密画や物語的な作品」を制作する作家の初個展。
ちいさな生き物たちが、たくさんが集まって、展示空間が作り上げられている。
近づくいて見ればクラゲたちがじっと息をひそめている細密画、
作家のおなかに描かれたトビウオ等を一挙公開する。

オープニングレセプション 9.29 17:00 スタート
映像作品「おなかのトビウオ」を17:30より上映

屋木はるか http://haluka-yagi.com/
東京藝術大学先端芸術表現科 修士在籍。
細密画や、コンセプトを重視した物語的な作品を制作する。

2012/9/8(土) 19:00 open 19:30 start 「並行四辺系」

入間川 正美(cello)+太田 久進(サウンド)+喜多尾 浩代(身体事)+木村 由(ダンス)  at キャラリー kissa

【当日のレビュー記事が掲載されました】 news ombaroque: 並行四辺系

料金 : 予約 2,000円 当日 2,500円

■予約・問合せ
ダンスパフォーマンス蟲(太田)
電話/ファックス: 03-3303-7256
メール: dp@mushi.info
web: http://mushi.info/

20120908_1

irumagawa
■ 入間川 正美(cello)
’89年よりチェロの即興演奏をはじめる。以降、現代美術・実験演劇との共演を重ねる。’98年よりソロシリーズ「セロの即興もしくは非越境的独走」を高田馬場プロト・シアターにて開始、現在に至る。同目のCDを1枚、CD-Rを4枚リリース。
’04年演劇ユニットLensと共にNYに遠征、演劇公演だけでなくソロ演奏も好評を得る。それ以降国内外の音楽家との共演を重ね、ソロ以外の即興デュオ、トリオの新たな可能性を探る。
http://irusworks.blog15.fc2.com/

oota
■ 太田 久進(サウンド)
1999年よりダンスパフォーマンス蟲 音響として舞台向け音空間のデザインを模索。2001年に劇団解体社「バイバイ―未開へ」/ヨーロッパ、アメリカ・ツアーへ同行、笛田宇一郎劇団事務所の演劇、オオナカエイジ新人舞踏公演などで音響を担当。
第一種情報処理技術者。
http://mushi.info/

kitao
■ 喜多尾 浩代(身体事)
幼い頃からドイツ・モダンダンスの系譜の中で踊り始めるが 徐々に逸脱。
医学科領域で博士(Ph.D.)となる。その頃から、身体感覚に潜む『心の襞』と向き合いだす。その後『現象として存在する身体ソノモノ』に興味を持ち始める。
現在は、身体知が突き動かす身体感覚を基点に モノやヒトと交換してゆくプロセス的行為を『身体事』と名付けて、ソロ・パフォーマンス と 気づきのワークショップを国内外の様々な環境で展開中。
http://www.nsknet.or.jp/~kitao

kimura
■ 木村 由(ダンス)
中条富美子にモダンダンスを師事。Eiko&Komaと出会い影響を受ける。
ダンスパフォーマンス蟲主宰。planBでソロ活動を経る。
笛田宇一郎演劇事務所に客演。ダンス白州参加等。
美術家、音楽家とのコラボレーションの他、ちゃぶ台ダンスを継続。
踊りの模索を続けている。
http://chabudaidance.com/