10/12(土)臨時休廊と ピアノとライブペインティング日程変更のお知らせ

10月12日(土)は台風の影響の為、臨時にお休みにさせていただきます。

台風対策は十分にされましたでしょうか。皆様もお気を付けください。

*また、12日(土)に予定していた ピアノとライブペインティング は、日程・時間が変更になりました。 開催中止も検討しましたが、日程変更して開催することになりました。ご都合よろしければぜひお越しください!

・変更前: 10月12日(土)開場18:30 開演19:00
・変更後: 10月13日(日)開場18:00 開演18:30

ご予約・お問合せ(要予約)

重松壮一郎 ピアノ・コンサート 予約フォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

連絡先電話番号(必須)

予約人数(必須)
 名

メッセージ・質問

gallery kissa tel. 03-5829-9268 mail. info@gallerykissa.jp

「ツチノコトラベルで行く島巡り」はしもとみお・本多絵美子・馬塲稔郎・花房さくら

昨年に続き、チームツチノコによる彫刻家4人展 (はしもとみお・本多絵美子・馬塲稔郎・花房さくら) 開催のお知らせです。

「 ツチノコトラベルで行く島巡り 」 チームツチノコ 彫刻家4人展

展示期間: 2019年11月1日(金)~11月24日(日)
開廊時間: 水-土12:00~19:30 日~17:00 月火・休廊

チームツチノコとは、ツチノコ=木槌(キヅチ)と鋸(ノコギリ)を組み合わせた木彫彫刻家のユニット名です。日本各地の美術館展示などでも活躍される、肖像動物彫刻家のはしもとみおさんを筆頭に、動物や生きものを主体に木彫で表現する新進気鋭の彫刻家ユニットです。

今回は、彫刻島の島巡りを「ツチノコトラベル」がご案内します。 彫刻島には主に4つの島、ネイチャー島、ミクロ島、オニガシマ、グルメ島があり、それぞれの島を彫刻ツアーガイドさんが島の魅力を案内いたします。

ツチノコトラベルのツアーガイド紹介(括弧内は作家名):左から グルメ島ツアーガイド(花房さくら)、ネイチャー島ツアーガイド(はしもとみお)、ミクロ島ツアーガイド(本多絵美子)、オニガシマ ツアーガイド(馬塲稔郎)

それぞれの島に「お宝彫刻」が隠されているといわれています。お宝彫刻を見つけて、ツアーガイドスタンプを押す、スタンプラリーもお楽しみいただけます。

展示期間の作品の販売について
展示初日を含む4日間(11/1、11/2、11/3、11/4)の販売は抽選方式を取らせていただきます。申込点数は一人一作家につき1点まで。
複数申込のあった作品は抽選となり、11月6日に当選番号をホームページで発表します。

ワークショップの予定[要申込]
11月16日(土)
14時~17時 講師:はしもとみお「ゆらゆら猫」
11月17日(日)
10時~13時 講師:花房さくら「猫埴輪」
14時~17時 講師:馬塲稔郎「オオハシ」
11月23日(土)
10時~13時 講師:本多絵美子「ウォンバット」

参加費4,500円(材料費込)
※参加申込受付は10月5日(土)12:00(正午)よりオンラインショップで受付開始します。
URL https://gallerykissa.jp/shop/category/item/itemgenre/event
申込開始時間直後はウェブサイトが繋がりにくくなる可能性があります。また、自動返信の申込確認メールの受取により申込がされたことの確認をいただけます。メールの受信拒否やスパムメールへの振分けなどにより受付確認できないことがありますので、予め info@gallerykissa.jp からのメール受信が正しくできるようメールサービスの設定を行ってください。

ゆらゆら猫 (講師:はしもとみお)

猫埴輪(講師:花房さくら)

オオハシを彫ろう!(講師:馬塲稔郎)

ウォンバット(講師:本多絵美子)

<その他企画>

インスタ写真展
ツチノコトラベルの企画でインスタ写真展を開催します。ツアーで撮影した写真に #ツチノコトラベル とハッシュタグを付けて投稿しましょう。 

大内山動物園スケッチツアー展
チームツチノコのメンバーが三重県にある大内山動物園へ行き、1日動物園でスケッチを行いました。その日のスケッチの展示と販売も行います。

左から:花房さくら、はしもとみお、本多絵美子、馬塲稔郎と、バックはウマグマのシュウくん。

はしもとみお
1980 兵庫県生まれ
2005 東京造形大学 彫刻専攻 卒業
2007 愛知県立芸術大学大学院 修了

木彫りで動物たちのリアルな肖像をつくる
彫刻家。身近な犬や猫たちを中心に、
猿や熊、亀などいろいろな出会った動物
たちを製作中。全国各地からオーダー
メイドで動物たちの肖像彫刻を制作する
傍ら、さわれる彫刻展をテーマに、どうぶつ
たちの彫刻展覧会を各地美術館にて開催。
著書に「はじめての木彫りどうぶつ手習い帖」
「旅する彫刻」、絵本「神様のないた日」
「はしもとみおの木のどうぶつ図鑑」。
http://kirinsan.awk.jp/

馬塲稔郎
1980 東京都生まれ
2003 明星大学 生活芸術学科 卒業
2004 明星大学 木材造形研究生 修了

人の気持ちや感情を、動物の姿・形を
借りて表現する、動物彫刻のシリーズ
animalier(アニマリア)を展開。
近年では動物以外のモチーフ、
植物や人物なども制作している。
彫刻・美術普及のため、積極的に
ワークショップなども開催。
http://animalier.jp/

本多絵美子
1982 東京都生まれ
2005 東京造形大学 彫刻専攻 卒業
2007 東京造形大学大学院 修了

木を彫る技法を通じて、生き物と場所との
関係性をテーマに活動する彫刻家。
展示される空間を生きる住処として捉え、
人と共に生きる身近な虫や動物をモチーフ
として制作。
全国各地で個展やグループ展を開催する他、
講師として積極的にワークショップを行い、
木を彫る喜び・普段触れることのない
生き物を観察する楽しさを伝えている。
http://www.ne.jp/asahi/mizutamari/life/

花房さくら
1985 青森県生まれ
2014 愛知県立芸術大学 彫刻専攻 卒業
2016 愛知県立芸術大学 博士前期課程彫刻領域 修了

ある日突然思い立ち、仕事を辞め彫刻の道へ
進むことを決意。現在、淡路島の玉ねぎ畑に
囲まれて制作活動中。
隠れるも探すもたのしいかくれんぼ。猫たち
もワクワクしながら隠れます。そっと潜んだり、
時には変身したり。誰かに見つけられるその時を、
今か今かと待っています。
https://www.hanafusa-sakura.com/

「ツチノコトラベルで行く島巡り」はしもとみお・本多絵美子・馬塲稔郎・花房さくら

会期:2019年11月1日(金)~11月24日(日)
時間:12:00 – 19:30 水-土 (~17:00 日曜日) 休日、月・火曜日
場所:gallery kissa 111-0053 東京都台東区浅草橋3-25-7 NIビル4F
※4階ですがエレベーターはございません
03-5829-9268 https://gallerykissa.jp

ギターリスト 村治奏一 TONES Live 2019.12.14(sat)&15(sun) 本日よりご予約いただけます

村治奏一 TONES Live ギターソロ・ギャラリー公演 / gallery kissa

こちらのリンクからチケットご予約いただけます。
https://gallerykissa.jp/shop/category/item/itemgenre/event

12.14 (土) 18:00~19:00 17:30開場
12.15 (日) 10:00~10:45 9:30開場 (親子向け公演)
12.15 (日) 15:00~16:00 14:30開場
入場料: 3,000円(税込) 定員 30名

※12月15日 10:00からの親子向け公演のみ、親子ペアで3,000円と2人目以降の小学生以下料金1,500円です(2人目の中学生から3,000円)。
・ギャラリーはビル4階ですが、階段のみでエレベーターはございません。
・また、ベビーカーを置くスペースはございませんので予めご了承ください。

村治奏一 TONES Liveでは、19世紀には主にサロンで演奏されていたギターの響きの魅力を体感し、繊細な音色に耳を傾けてもらうギャラリー公演です。指先でじかに弦をはじいて鳴らす、その柔らかで繊細で、微妙に変わるギターの音色を、音楽ホールよりも手軽に身近に楽しんでもらいたいとの想いで始めた演奏会スタイルです。

日曜日午前の親子向け公演は、小さなお子様と一緒に親子ペアで参加できるコンサートです。本格的なギターコンサートを間近でお楽しみください。

実はギャラリーがオープンした2012年にギターリストの村治奏一さんとギャラリーでのとあるコンサートを通じてお会いするきっかけがあり、遂に7年越しの念願が叶い、ギャラリーでの公演をさせていただくことになりました。蔵前は奏一さんの生まれ育った土地ということもあり、この度お声をかけていただきました。

12月14日18:00からと15日の午前と午後計3回の公演です。12月はドン・カ・ジョンさんの個展期間中ではありますが、ドンさんの温かな絵に囲まれて、村治奏一さんのギターに耳を傾けることが出来るという何とも至福な時間となる予定です。ギャラリーは12月14日は16:00まで営業、15日はコンサートで貸切となります。ドンさんも在廊される予定ですので、奏一さんファン、ドンさんファンも、ギターファン、キッサファン、などなど、沢山の方にお越しいただければ幸いです。

公演プログラム(予定)
– チャンス・モンスーン/藤倉大
– 虹/村治奏一
– 聖母の御子(カタロニア民謡)/M.Llobet &村治奏一編
– 無伴奏バイオリンパルティータ第二番
(アルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグ、シャコンヌ)/J.S. Bach、

ギャラリー公演 限定オリジナルグッズ販売などもあります!

村治奏一 SOICHI MURAJI

1997年クラシカル・ギター・コンクール、98年第41回東京国際ギター・コンクール他数多くのコンクールにて優勝。99年より米国ボストン近郊の総合芸術高校ウォールナット・ヒル・スクールに留学し、ギターをニューイングランド音楽院でデヴィッド・レイズナー、エリオット・フィスクに師事。2003年同高校音楽科を首席で卒業し、ニューヨークのマンハッタン音楽院に進学。同時期にビクターエンタテインメントよりリリースしたデビュー・アルバム『シャコンヌ』がレコード芸術誌の特選盤に選ばれる。

2008年にはモンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団の「新世界ツアー2008」にソリストとして抜擢され、アランフェス協奏曲の国内ツアーが好評を博す。10年、NHK-BS「街道てくてく旅~熊野古道をゆく~」のテーマ曲「コダマスケッチ」を作曲・演奏。12年には「トヨタ・クラシックス・アジアツアー2012」のソリストとして抜擢され、ウィーン室内管弦楽団と共にアジア5カ国でのコンサートツアーを成功させた。14年には初のコンチェルトアルバム『コラージュ・デ・アランフェス』(平成26年度文化庁芸術祭参加作品)をキングレコードからリリース。また10枚目となるソロ・アルバム『SPARKS』をクラウドファンディングによって製作する。
16年秋、自身でプロデュースしたソロ・アルバム『Off the Record』をテレビマンユニオンよりリリース。18年冬には自身初となるインターネット配信アルバム『TONES 2019』をリリースし、公式サイトのほかYoutube、Spotify、Apple Musicにおいて無料公開している。

NHK『スタジオパークからこんにちは』や『トップランナー』、テレビ朝日『題名のない音楽会』、『徹子の部屋』をはじめ、テレビ、ラジオにも多数出演。これまでに、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン室内管弦楽団、NHK交響楽団、読売日本交響楽団はじめ、国内外の様々なオーケストラと共演。

オフィシャルホームページ https://www.soichi-muraji.otohako.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/MURAJI.Soichi/
Twitter: @MURAJI_Soichi

gallery kissa ギャラリーキッサ
東京都台東区浅草橋 3-25-7 NIビル4F
03-5829-9268 https://gallerykissa.jp

アクセス:
JR浅草橋駅 東口徒歩7分
浅草線 蔵前駅A1徒歩3分/大江戸線 蔵前駅8分

林ゆいか展「Hide and Seek」開催のおしらせ。2019.10.5-10.27 &ライブ@UUD 10/12

不安定な天気が続いていますね。世の中も不安定な昨今、目に見えない、触ることのできないものを大切にしなければならないと切に思います。gallery kissa 企画展 林ゆいか展「Hide and Seek」を 2019年10月5日(土)より開催いたします。

林ゆいか展 「Hide and Seek」

会期: 2019年10月5日(土)~10月27日(日)
時間: 12:00 – 19:30 水-土 (~17:00 日曜日) 休日、月・火曜日
場所: gallery kissa 111-0053 東京都台東区浅草橋3-25-7 NIビル4F
※10月12日(土)は別会場の連動企画のため17:00まで

畑のなかに稲穂に竹の葉ずれの音のなかに
あちらこちらにかくれんぼ
こちらからは見えずとも
あちらからは見えている
日常と非日常のさかいめと
ケモノたちのこと

恒例となりつつある連動企画、ピアニスト重松壮一郎と林ゆいかのライブペインティングを今年も開催いたします。

定員20名ですので、お早目にご予約ください。予約は 03-5829-9268 または、以下のリンク先のフォームよりお申込みください。

10月12日(土)19:00開演 18:30開場
場所:UUD(浅草橋2-8-1 ギャラリーより徒歩7分)
詳細・予約: https://gallerykissa.jp/event/20191012

重松壮一郎 ピアニスト・作曲家・即興演奏家
横浜出身、長崎在住。早稲田大学卒。即興演奏とオリジナル曲を主体とした独自のスタイルで、国内・海外にて年間150回近いライブを行う。アメリカ、オーストラリア、イタリア、タイなど海外でも多数公演。人と自然をつなげるオーガニック音色はジャンルや世代、国境を越えて、人々を魅了し続ける。

林ゆいか 画家
武蔵野美術大学造形学部日本画学科卒。大学卒業後デザイン会社などを経て作家活動を始める。日本画や布絵、ペン画や立体などさまざまな手法で作品を制作。目には見えないもの、自然の気配を表現したいと考えている。

日時:2019年10月12日(土)
時間:開場18:30 開演19:00
料金:3,000円
場所:東京都台東区浅草橋2-8-1 UUD

gallery kissa
瀧本佳成

東京都台東区浅草橋 3-25-7 NIビル4F / 4階ですがエレベーターはございません
03-5829-9268 https://gallerykissa.jp

飯岡千江子展 「めでためでた!」2019/8/31 – 9/29 開催のお知らせ

夏の暑さも和らいできましたね。ギャラリーでは、8月31日(土)より 飯岡千江子展 を開催いたします。

飯岡千江子展 めでためでた!

会期:2019年8月31日(土)~9月29日(日)
時間: 水-土 12:00-19:30/日 -17:00 休:月火

DMに使われている作品の「ネコにタコ」は、幸せを招くネコと、多幸のタコで福を招くと言われています。 他にも縁起物の要素をいっぱい詰め込んだ作品が並びます。

また、9月8日(日)14:00〜 はギャラリーにてライブイベントを行います。ぜひお出かけください。
ライブペイント:飯岡千江子
読み語り: 鴇羽tokiha、歌: えびはらなおみ、ギター: 佐藤力
入場無料(投げ銭ライブ) ※おみくじ当たったら、良い物もらえるよ!

飯岡千江子「若竹」

ギャラリー会場では、飯岡さんのお友達の刺繍作家さん “tsumugi 紬”(まつのぶのりこ)さんの刺繍ブローチも展示販売いたします。飯岡さんの作品からつくられた刺繍ブローチです。現在は北海道帯広市にお住まいの作家さんです。

飯岡千江子×tumugi 紬 刺繍ブローチ

ギャラリーキッサでもシルクリーン作品を製作させていただきました。DM作品の「ネコにタコ」と、「だるま抱きネコ」のハンカチや、サコッシュ、Tシャツなどを製作しました。

飯岡千江子「ネコにタコ」 シルクリーンハンカチとサコッシュ
飯岡千江子「だるま抱きネコ」 シルクリーンハンカチ

展示は今週の土曜日からです。皆様のお越しをお待ちしております。ペコリ

作家在廊日: 8月31日(土)・9月1日(日)・8日(日)・28日(土)・29日(日)

飯岡千江子(いいおかちえこ)

三重県生まれ。画家。新風舎出版賞(色鉛筆画)、エクスナレッジ My Couple Story 大賞(色鉛筆画)ヘビの文化賞大賞(クレパス画)、イギリス国際ミニプリント展(銅版画)、「読み聞かせイソップ 50話」(チャイルド本社)他。柔らかな色彩と大胆な構図、植物をイメージした地紋の美しさなどに定評がある。

gallery kissa
東京都台東区浅草橋 3-25-7 NIビル4F
03-5829-9268  https://gallerykissa.jp/
JR 浅草橋駅東口徒歩7分
浅草線蔵前駅A1徒歩3分
大江戸線蔵前駅徒歩8分

よこただいすけ展「Library」2019.7.20~8.18 開催のおしらせ

来週土曜日 7月20日より、新たな企画展がはじまります。

よこただいすけ展 「Library」 
会期: 2019年7月20日(土)~8月18日(日)

今回はダンボールに描かれたポップなイラストが中心です。

オープニングパーティー
7月20日(土)17:00~
入場無料&参加自由です。お気軽にお越しください!

また夏休み期間ということもあり、工作ワークショップも行います。

ダンボール工作ワークショップ「オリジナルネコちゃんを作ろう!」

7月20日(土)13:00~(★締め切りました)
7月28日(日)13:00~
参加費 2,000円(材料費込み)

大人も子供も楽しめるワークショップです。
おおよそ小学3年生以上を対象としていますが、
親子参加ならそれ以下でもOK!

アクリル絵の具、木工用ボンドを使用します。
ご参加の際は汚れても良い服装をご準備ください。

ご予約は 03-5829-9268 info@gallerykissa.jp まで

よこただいすけ

東京都生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業後 渡米、Art Center College of Design(アメリカ/パサデナ)Graphic Design学科卒業。帰国後グラフィックデザイナーを経て2005年よりフリーに。現在はイラストレーションを中心に活動中。絵本著書に『私はネコが嫌いだ』(つちや書店)、『ニャンコどこいった?』(少年写真新聞社)がある。

gallery kissa
東京都台東区浅草橋 3-25-7 NIビル4F
03-5829-9268  https://gallerykissa.jp/
JR 浅草橋駅東口徒歩7分
浅草線蔵前駅A1徒歩3分
大江戸線蔵前駅徒歩8分

第1期創作絵本展 From my first picture book 終了しました。そして2期が始まります

絵本作家 井上奈奈さんを講師に迎えて、開催することが出来た第1期の創作絵本展 From my first picture book が無事終了しました。

お越しいただいた、沢山の皆様ありがとうございました。初日のオープニングパーティーの日はあいにくの雨でしたが、沢山の方が駆けつけていただき、ありがとうございます。

そして、素晴らしい作品を創っていただいた5名のワークショップ参加者の皆様お疲れ様でした。今回初めて展示を経験される方も多かったのですが、とても素敵な空間が出来上がりました。

今回の展示の様子です。

仲築間 三幸

『わたしはせかい
「わたし」が見た幻のような景色。ページをめくるごとに色とりどりの世界がひろがる。身近にあるあらゆるもののうつくしさにもう一度目を向ける物語。最後に「わたし」が思うことは……。

画家の仲築間さん、細密な絵と優しい色彩で描かれた絵本は本当に美しいです。絵本を創るのは初めてで普段と違いなれない部分も色々あったようですが、絵本に流れるものがたりも絵本の絵と見事に融合しています。最後まで読み進むと自分を見つめなおすことができることでしょう。

いしばしいおり

『ながいたび
すべてのものには長い旅のような物語があります。それぞれが旅のなかで互いにすれ違い、重なり合って、出会い、別れ、迷い、救われながら、「今」をかたち作っている。そんな想いを一冊の絵本にしてみました。

いしばしさんは、普段は専門書の編集という、絵本とは同じ出版業界であっても、おそらく使う頭は全然違う分野に挑戦いただきました。まず主人公は、表紙のねじです。 この時点でなにかやってくれそうな期待が上がりますが、絵本は「ながいたび」というタイトルの通り”ねじ”の棲大な旅のものがたりです。

「ながいたび」はものがたりと言っても文章がありません。絵だけで進んでいく絵本です。少しネタバレにはなりますが、絵本の中に登場する作品が、実際に展示されているというシャレも最高です。

のむらてる

『ボチボチ
バクは夢が大好物、夜な夜な動物たちの夢を食べに歩いてます。バクはみんなの夢を食べたぶん良い夢を見ることができるので、楽しい夢を見つけると我慢ができません。でも注意しないと… そんなバクのお話です。

のむらさんは、夢を食べるバクが主人公のものがたり。絵がおしゃれで、欧米の絵本を彷彿とさせます。絵本も「ボチボチ」というタイトルのように、夢をつまみ食いをするバクの、のどかだけど、ちょっと危なっかしい生活が描かれています。オープニングの時のご本人の解説によると、インスタグラムで行った、とある投稿がきっかけで描かれた絵本だそうです。見る人読む人によって受け止め方が変わる絵や文章の魅力と魔力(?)を秘めた絵本は本当に面白いです。

『水色オバケの種まき
どこでもない場所に水色オバケが種をまいていくお話。水色オバケはなぜ種をまくのか。種は何の種なのか。優しい物語を描きたくて作成しました。

晶(あきら)さん。「水色オバケの種まき」はどこかの世界に住む水色オバケが神様から命じられて種をまくことから始まるものがたりです。種をまくことによってオバケは思い出すのですが、、、ギャラリーにも1冊蔵書がありますので、ぜひ読んでみてください。

りにゃいろ

『よつばなのクローバー』
4世代のラブラドール・レトリバーといっしょに暮して23年。楽しく生きることを教えてくれたしっぽたちとのしあわせな時間を1冊の絵本にまとめました。

りにゃいろさんは、4匹のラブラドールへのおもいが沢山詰まった1冊。ご本人が書ききれないことばかりというということで、苦労さていましたが、展示空間も絵本から飛び出したかのような品々があふれていて最高です。わんちゃん仲間のお友達も沢山展示に来られて「よつばな」さんの力は絶大です。

井上奈奈さんと、5名の作家さん。今回の創作絵本展をばねに、ぜひ絵本の世界へと羽ばたいていただきたいです。

第1期の創作絵本展、第1回目ということで、どうなるのか不安もありましたが、とても楽しかったです。そして、今月から第2期がはじまります。本日の時点であと1名募集中です。新たな挑戦者お待ちしております。

展示も来年2020年1月と決定していますので、こうご期待ください。また、第1期の絵本もまた展示の機会があれば展示したいと思います。その他内容に興味ある方もお問合せいただければ対応いたします。

お申込みと詳細は https://gallerykissa.jp/picturebook/ へ

gallery kissa
東京都台東区浅草橋 3-25-7 NIビル4F
03-5829-9268  https://gallerykissa.jp/
JR 浅草橋駅東口徒歩7分
浅草線蔵前駅A1徒歩3分
大江戸線蔵前駅徒歩8分

創作絵本展 From my first picture book 2019/6/15-30 開催のお知らせ

ゼロからギャラリー発表まで絵本作家と創る「絵本創作ワークショップ」から生まれた絵本たち vol. 1

本年の2月から絵本作家 井上奈奈さんを講師に迎えて始まった「創作絵本ワークショップ」ですが、いよいよ6月15日から展示を行います。3か月と短期間でしたが、とても素敵な絵本となりました。ぜひお越しください。

作家紹介(順不同)

仲築間 三幸

『わたしはせかい
「わたし」が見た幻のような景色。ページをめくるごとに色とりどりの世界がひろがる。身近にあるあらゆるもののうつくしさにもう一度目を向ける物語。最後に「わたし」が思うことは……。

のむらてる

『ボチボチ
バクは夢が大好物、夜な夜な動物たちの夢を食べに歩いてます。バクはみんなの夢を食べたぶん良い夢を見ることができるので、楽しい夢を見つけると我慢ができません。でも注意しないと… そんなバクのお話です。

『水色オバケの種まき
どこでもない場所に水色オバケが種をまいていくお話。水色オバケはなぜ種をまくのか。種は何の種なのか。優しい物語を描きたくて作成しました。

いしばしいおり

『ながいたび
すべてのものには長い旅のような物語があります。それぞれが旅のなかで互いにすれ違い、重なり合って、出会い、別れ、迷い、救われながら、「今」をかたち作っている。そんな想いを一冊の絵本にしてみました。

りにゃいろ

『よつばなのクローバー』
4世代のラブラドール・レトリバーといっしょに暮して23年。楽しく生きることを教えてくれたしっぽたちとのしあわせな時間を1冊の絵本にまとめました。

※展示初日の6月15日は17時より出展作家を交えたオープニングを予定しています。どなた様も是非ご参加ください。

講師プロフィール
井上奈奈 http://nana-works.com/
画家・絵本作家。京都府舞鶴市生まれ、東京都在住。16歳のとき単身アメリカへ留学、美術を学ぶ。武蔵野美術大学卒業。主な著作に絵本『ウラオモテヤマネコ』『ちょうちょうなんなん』などがある。2018年『くままでのおさらい』特装版が『世界で最も美しい本コンクール』にて銀賞を受賞。

今回の展示タイトルは講師の井上奈奈さんが、一冊の絵本から繋がる世界という想いを込めて “From my first picture book” とつけてくださいました。

ちらりと、今回のワークショップの様子です。

第1回

まずは、自己紹介とこんな絵本を創りたいという、お気に入りの絵本を持ってきていただきました。

講師の井上奈奈さんには、貴重なラフ画を見せていただいたり、絵本制作のこだわりのポイントなどお話をうかがいました。

第2回

ラフからストーリーを煮詰めます。

第3回

皆さんにラフ画ページ仕上げていただき、ワークショップ仲間に、ラフ本の発表会です。

昌さん
りにゃいろさん
いしばしいおりさん
のむらてるさん
仲筑間 三幸さん

第4回

冒頭に井上奈奈さんに、制作にあたっての参考になればと、お気に入りの絵本を読んでいただきました。

第5回

本来は製本作業の予定でしたが、何名か制作が追い付かないということで、製本は次回にまわし、絵本の最終チェックです。ほぼ完成の絵本を発表いただきました。絵本制作で寝不足の方も…。

りにゃいろさん
晶さん
いしばしいおりさん
のむらてるさん
仲筑間 三幸さん

本当にみなさん、素敵な絵本になりそうで、期待が高まります。

第6回

いよいよ製本!絵本制作も最終日です。みなさんお疲れ様。そして、素敵な絵本が完成しました。感無量です。

予想以上に、というか予想通りというべきか、ご参加いただいた方々、絵本制作に苦労されて寝不足だったり、体調を崩されたり、色々なドラマがありましたが、とても楽しんでいただけたようです。

そしていよいよ、発表が2019年6月15日より始まります。初日の17時からは参加作家全員あつまり、オープニングレセプションを予定しています。どなた様もご参加いただけますので、ぜひいらしてください!

また、第2期「絵本創作ワークショップ」#2の参加者の募集も開始します!第2期は2019年7月13日スタートで、2020年1月の展示予定です。お申込みと詳細は https://gallerykissa.jp/picturebook/ へ

gallery kissa
東京都台東区浅草橋 3-25-7 NIビル4F
03-5829-9268  https://gallerykissa.jp/
JR 浅草橋駅東口徒歩7分
浅草線蔵前駅A1徒歩3分
大江戸線蔵前駅徒歩8分

モノマチ11開催! シルクスクリーンのワークショップを行います

モノマチ11(モノマチイレブン)が 5月24日(金)・25日(土)・26日(日)の3日間開催します。今年もgallery kissa参加しますので、ぜひ遊びに来てください。

キッサではシルクスクリーンのワークショップを3日間行います。今回は刷りの体験ワークショップと、本格的な製版ワークショップを行います。版を作って自分だけのオリジナルTシャツを作っちゃいましょう。

体験ワークショップ

刷る素材(布・Tシャツなど)持ち込みいただき、
シルクスクリーン印刷でギャラリー作家さん
のイラストの絵柄を刷ってみよう!

1刷り700円 (予約不要、20分~)

無地Tシャツトートバッグも販売していますので、 体験は手ぶらでもご参加いただけます! (サイズ・色には数の限りがあります)2日前までにサイズや色を指定しご予約いただければ在庫確保します

Tシャツ大人用 S・M・L 500円
キッズTシャツ 100~160 400円
ミニトートバッグ・サコッシュ 400円
A4キャンパストートバッグ 500円

当日は複数の作家さんのイラストの10種類以上の版を用意しています!

イラスト:画家 林ゆいかさん’
イラスト: 造形作家 志村リョウさん

製版ワークショップ

A4サイズまでの絵柄から、シルクスクリーン版を制作します
木枠にメッシュを張り製版作業を行い、印刷まで体験出来ます
また、出来上がったオリジナルの版はお持ち帰りいただけます

絵柄はご自身で事前にご用意ください

開催日: 24日・25日・26日
定 員: 4名
参加費: 税込 5,000円 (材料費込み)

<合計4時間>
午前10:00~12:00 紗張りと感光乳剤の塗布
~版を乾燥させるためお昼休憩~
午後13:00~15:00 感光製版とプリント

要予約:以下URLのイベント予約よりお申込みください

https://gallerykissa.jp/shop/category/item/itemgenre/event

お問い合わせ:
gallery kissa
info@gallerykissa.jp
03-5829-9268
東京都台東区浅草橋3-25-7-4F


Bruno Albert-Gondrand 個展 Solo Exhibition @柴又

柴又と言えば、もちろん寅さんですね。実は柴又の駅に降りたのは初です。。。そして、寅さんの映画もあまり観たことがありません。すみません。

こちらは、見送るさくら像ですが、柴又駅を降りるとつい皆さんにつられて写真を撮ってしまいます。

ギャラリーキッサでは、ひっそりといつでもシルクスクリーンのワークショップを開催しているのですが、宣伝は一切してないので、まあ問合せはないですね。。。

そんななか昨年の1月にお申込みがあり、シルクスクリーンの製版ワークショップを行いました。そのとき、参加いただいたのが Brunoさんです。以下、その時の様子。

木枠に紗張り

製版作業(イラストは Brunoさん)

製版いただいた版を使って、和紙へのプリントと、Tシャツへのプリント体験まで行っていただきました。とてもかわいいイラストですね!

Brunoさんは、フランス出身のアーティストですが、日本語が話せないということで奥様と一緒に参加いただきました。作品作りに活かしたいということで、シルクスクリーンのワークショップにご参加いただいたので、資材の調達方法から、なるべく安上がりに制作する方法を色々と伝授しました。

そんなことから、約一年経ちまして、Brunoさんから、個展を柴又で開催すると、お誘いいただいたので「これは行かねば!」と、行ってまいりました。独学で学んだシルクスクリーンですが、そんな自分が教えた方がこうやって、シルクスクリーンのアーティストとして作品を発表されるとは感激です。

Bruno Albert-Gondrand 個展 Solo Exhibition at Atelier 485 Tokyo.
2019年3月23日(土)- 24日(日)& 30日(土)- 31日(日)

下町の人たちの暮らしを描いたイラストが中心ですが、独特のユーモアと視点がとても素敵です。

和紙にシルクスクリーン印刷でプリントされているのですが、モノトーンで木版画のような質感で、個人的にはシルクスクリーンは布ばかりに印刷していたので、とても新鮮で良かったです。

Brunoさんです。シルクスクリーンの製版は太陽光で行っているそうです。個人的には太陽光は安定しなくて、難しいのであきらめたのですが、Brunoさんは膨大なデータを蓄積されて、今ではほぼ間違えなく製版できるようになったそうです。その他、シルクスクリーン制作の苦労話を色々と、、、プリントも何度も失敗を重ねてようやく作品発表までこぎつけることが出来たそうです。いやー、素晴らしいです。そして、シルクスクリーンの良さを分かち合えてうれしいです。

Brunoさんのホームページやインスタグラムもぜひ訪ねてみてください
Bruno Albert-Gondrand
https://www.instagram.com/bralgo.art/
https://bruno-albertgondrand.wixsite.com/arts

天気が良かったので、柴又帝釈天へもお参りに

前から見たかった柴又帝釈天の彫刻も観てきました。こちらも、素晴らしい彫刻で見応えがありました。

ギャラリーキッサでも引き続き、シルクスクリーンワークショップを行っていますが、5月24日(金)、25日(土)、26日(日)は、第11回モノマチがあり、3日間ギャラリーでシルクスクリーンワークショップを行う予定です。無地のTシャツや布ものをお持ちいただければ、沢山ある作家さんイラストのシルクスクリーン版を使って印刷体験できます(所要時間20分程度)

特別にA4サイズの製版ワークショップも各日4名限定で行う予定です(4時間)。もし興味ある方がいらしたら、お問合せください info@gallerykissa.jp