創作絵本展vol.4 From my first picture book 2021/1/23-2/14 井上奈奈 絵本WS

ゼロからギャラリー発表まで絵本作家と創る「絵本創作ワークショップ」から生まれた絵本たち vol. 4

絵本作家 井上奈奈さんを講師に迎えて始まった「創作絵本ワークショップ」4期生の展示を来年2021年1月23日(土)より開催します。

今回で早くも第4回を迎えた創作絵本展ですが、最多の7名参加です。今回も素敵な作品が揃っていますので、ぜひご覧いただけると幸いです。

作家紹介(順不同)

■作家名 もとざわひろみ
■TITLE どれが にあう?

あざらしくんはまっしろしろ。

自分ににあう模様が欲しくてしょうがない。

友達たちの模様を真似してみたけれど

どれが一番にあうかな?

■作家名 エンドウナナ
■TITLE LIFE CLOCK 一生時計

丘の上にポツリと立つ時計屋さん。

そこにあるどの時計も針は一本で、時間が書かれていなかった。
そして一本しかない針は0時に動き出し、一周して必ず止まる。

ある朝、ひとつの時計の針が止まった。

それは、ある男の妻の時計だった。

いのちを刻むふしぎな時計と、それを見守る時計屋さんの物語。

■作家名 なかむらあやこ
■TITLE リセット リセット♪

「地球が怒ってる」って言葉を聞いた事ありませんか?
聞く度に、なんとなく違和感を感じるのです。
私の思う地球を好き勝手に描いてみました。
リセット リセット♪どっかーーん!!
リセットの先には…

■作家名 国分チエミ
■TITLE シルエットさん

『おやおや、このシルエットさんはだぁれ?』
お散歩に出かけた女の子が、途中で出会った
動物や自然物や建物へと、問いかけながらお
話は進みます。モノクロとカラフルな見開き
が、グラフィカルに交互に展開。最後に登場
するシルエットさんだけが、大変なことに!
ラストでクスッとしていただけたら嬉しいです。

■作家名 かとうひとみ
■TITLE 春ににゃったら…(猫Ver.) / 春になったら…(女の子Ver.)

呼びかけを聞いた1匹の猫と1人の女の子。

お互いの運命の糸をたどる春夏秋冬の物語。

春ににゃったら…春になったら…♪

■作家名 みうらさえこ
■TITLE ぼくは待つのが得意だ

「ぼくは待つのが得意だ。

だって、待っていればかならずいいことがあるんだ。」

そう信じている、ある犬の物語です。

■作家名 生海 有佳梨
■TITLE みえない涙

とてもきれいな魚がいた。
その魚は涙を流す。でも海に溶けてしまい
自分も周りも涙を見ることはできない。
悲しい時、嬉しい時は涙が出てくる。
「当たり前のことがとても愛しい。」
そんな思いを綴ってみました。

講師プロフィール
井上奈奈 http://nana-works.com/
画家・絵本作家。京都府舞鶴市生まれ、東京都在住。16歳のとき単身アメリカへ留学、美術を学ぶ。武蔵野美術大学卒業。主な著作に絵本『ウラオモテヤマネコ』『ちょうちょうなんなん』などがある。2018年『くままでのおさらい』特装版が『世界で最も美しい本コンクール』にて銀賞を受賞。

また、第5期「絵本創作ワークショップ」の参加者の募集も開始します!第5期は2021年3月6日スタートで、2021年7月の展示予定です。今回から最終回の製本作業以外はオンラインでの参加も可能となります。

お申込みと詳細は https://gallerykissa.jp/picturebook/ へ

会期:2021年1月23日(土)~ 2月14日(日)
水-土 12:00~19:30 日 12:00~17:00 月・火定休

gallery kissa
東京都台東区浅草橋 3-25-7 NIビル4F
03-5829-9268  https://gallerykissa.jp/
JR 浅草橋駅東口徒歩7分
浅草線蔵前駅A1徒歩3分
大江戸線蔵前駅徒歩8分

WISHくんも最終受付中。ドンカジョン「会えないけど会える展」

「会えないけど会える展」12月9日(水)~12月25日(金)gallery kissa今年は、新型コロナの影響により、シルクスクリーン作品中心となり、オンライン販売をしていきます。

最初にちょっとお知らせですが、明日12月12日(土)は都合により、14:00頃のオープンとなります。会場にお越しを予定されている方は、申し訳ございませんが、時間の調整をしていただければと思います。

オンライン販売のサイトは以下のリンクよりアクセスできます。

https://gallerykissa.jp/handmade/product-category/aenaikedoaeru/

ここ数年のキッサでのドンさんの展示では、自作のシルクスクリーンで色々グッズ制作のコラボさせていただいていますが、今年は、シルクスクリーンで作品を作らせていただきました。

毎年のことながら、今年ももれなくシルクスクリーン制作がぎりぎりでして、展示が始まる前日の様子がやばいです。前日なのに、版づくりに追われて、まだ一枚も刷れていません。今年もまた「間に合わないけど間に合わせる展」本当に間に合うのでしょうか。

1つ目の作品は、こちら、「BLACK LOVES MATTER」。キッサの看板猫、黒猫のコニちゃんにちなんで出来上がった作品。とっても素敵です。

Don Cajon SCREEN PRINT BLACK LOVES MATTER – CATS
¥7,000

油絵用のキャンバスにシルクスクリーンで印刷して、木枠に貼りキャンバス張り作品となっています。壁に掛けるととってもおしゃれです。

今年の初めから感染拡大で世界中で対応に追われ、大変なことになっている新型コロナウィルス。ドンさんからの届いた次なる作品が、「さあ、愛というワクチン ひろげよう」

Don Cajon SCREEN PRINT LOVE VACCINE
¥10,000

黒インクでも刷れますが、この絵はやはり赤色の方が似合っているかと思い、赤インクで刷ってみました。

「会えないけど会える展」のDM絵にちなんだ作品が3点あります。今年の展示では、東京で新型コロナウィルスの感染拡大が深刻になっていることもあり、ドンさんの在廊もなく、さみしいですが、「会えないけど会える」ということで、ドンさんには会えないけど、オンラインでドンさんの作品に遠くにいる世界中から作品に会うことが出来るようにしました。普段は会場でしか購入できない作品たちも一部オンラインでも取り扱っていますので、ぜひオンラインショップにアクセスしてみてください。

Don Cajon SCREEN PRINT AENAIKEDO AERU – CLOCK
¥7,000
Don Cajon SCREEN PRINT AENAIKEDO AERU – PIANO
¥7,000
Don Cajon SCREEN PRINT AENAIKEDO AERU – HOURGLASS
¥7,000

砂時計の作品も黒でも刷れますが、森の妖精のように見えたので、黄緑でも刷ってみました。ご購入時には、どちらの色でもお選びいただけます。

「BLACK LOVES MATTER」の作品は、猫だけでなく、様々な動物達を描いた作品もあります。もちろん、「BLACK LOVES MATTER」は、今年米国で黒人への差別的な対応から暴動などに広がり飛び交った言葉「BLACK LIVES MATTER」をもじっています。

Don Cajon SCREEN PRINT BLACK LOVES MATTER – ANIMALS
¥10,000

こちらは、ドンさんのFacebookの投稿より僕らは、黒いネコやヒョウやヤギやイヌを観たとき、醜いだとか、他の生き物より劣っている、と思うでしょうか。そう思わないのは、生まれつき持った個性として尊重しているからでないでしょうか。もっと言えば、ただ普通で自然なことだから、ではないでしょうか。それなのに、どうして人は、人に対して、肌の色や眼の色で差別するのでしょう。黒い生き物の愛だって、他の生き物の愛と変わらず大事だぜ。

BLACK LOVES MATTER

Don Cajon SCREEN PRINT TOBE WATASHI
¥18,000

最後の作品は、6種類の原画をつかって色を重ねてつくった作品です。「飛べわたし 始まれわたし」WISHくんをご存知の方は、2011年の東日本大震災の時に作られた復興WISHくんの表紙を彷彿とさせる作品です。

この状態でもとても素敵なのですが、作った版のメッシュが細かすぎて、使用したインクと合わず2度目はインクが詰まって綺麗に刷れなくなってしまい。一発勝負で作りました。版ももう一度作り直したりと、実はもう少し改良したい部分が出てきて、お届けするときはもう少し変える可能性があります。さらに良くなっていると思いますが、お届け迄お時間をいただきたいので、展示期間終了後、1カ月を目安に発送とさせていただきます。

最後になりますが、ドンさんと繋がりが深い「もみじの家」さんが、このコロナ禍で厳しい状況にあるとのことで、今回の展示の売り上げの一部を寄付させて頂くことになりました。

*今回の収益の一部は、医療的ケア児さんとそのご家族のご支援を行っている施設・もみじの家さんに寄付させていただきます。このコロナ禍の中大変なご苦労をされ、大幅な赤字となっているとのことです。皆さんからのご協力、どうぞよろしくお願いします。

ドンカジョン「会えないけど会える展」12月9日(水)~12月25日(金)gallery kissa

創作絵本展vol.3 From my first picture book 2020/9/5-9/22 開催のお知らせ

ゼロからギャラリー発表まで絵本作家と創る「絵本創作ワークショップ」から生まれた絵本たち vol. 3

絵本作家 井上奈奈さんを講師に迎えて始まった「創作絵本ワークショップ」 3期生の展示を来年2020年9月5日(土)より開催します。

今回は、新型コロナウィルスの感染拡大が世界中に広まったことにより、ワークショップも東京都の緊急事態宣言を受けて始まり早々に中断したりと、紆余曲折ありましたが、みなさん最後には素晴らしい絵本を完成していただきました。

そして、今回は展示の会期も長くさせていただき、4名の3期生の展示に加えて 1期生と2期生の絵本5点も展示させていただきます。ぜひいらしてください。

作家紹介(順不同)

■作家名 平塚じーろ
■TITLE だいすきなママのカレーライス

お料理が得意なボクのママ。
ボクが一番好きなのはカレーライス。
ママの作るカレーライスは大きなじゃがいもがいっぱい入っているんだ。
それなのに、その日のカレーはいつもと違っていた!

■作家名 きくち ひとみ
■TITLE ふしぎなたまごとゆめ流星群

小さな病院の片隅にたまごが2つ。
どうしてそこにあるのか誰も知らない。
ある夜、たくさんの光が病院に降り注いだ。
すると、中からこびとたちが飛び出してきました。
そして…………

■作家名 ishimizu zuko
■TITLE ツボミ工房の物語

桜のツボミは初夏にできます。
そんなに早くツボミをつけて、次の春までなにをしているのでしょう。もしも、ちいさなちいさなこびとたちが、桜の木でせっせと働いていて、私たちと同じように巡る季節を楽しんでいたら…
桜の木のなかに流れている季節を、絵本にしました。

■作家名 みうらさえこ
■TITLE 河原の神様

カフェやオシャレな店が並ぶ街のすぐ先を流れる豊かな川。そこには地図上にない洲や河原があります。都会の奇跡のような美しい自然の中、そこに集まる犬たちは世代を越え時を越えて連綿と友情を育んできました。しかし昨秋、大型台風がここを根こそぎ破壊します。
変わり果てた河原、半年間の記録です。

講師プロフィール
井上奈奈 http://nana-works.com/
画家・絵本作家。京都府舞鶴市生まれ、東京都在住。16歳のとき単身アメリカへ留学、美術を学ぶ。武蔵野美術大学卒業。主な著作に絵本『ウラオモテヤマネコ』『ちょうちょうなんなん』などがある。2018年『くままでのおさらい』特装版が『世界で最も美しい本コンクール』にて銀賞を受賞。

また、第4期「絵本創作ワークショップ」の参加者の募集も開始します!第4期は2020年10月18日スタートで、2021年1月の展示予定です。お申込みと詳細は https://gallerykissa.jp/picturebook/ へ

会期:2020年9月5日(土)~ 9月22日(火)
水-土 12:00~19:30 日 12:00~17:00 月・火定休
9月21日(月・祝)、9月22日(火・祝)の祝日は 12:00~17:00まで

gallery kissa
東京都台東区浅草橋 3-25-7 NIビル4F
03-5829-9268  https://gallerykissa.jp/
JR 浅草橋駅東口徒歩7分
浅草線蔵前駅A1徒歩3分
大江戸線蔵前駅徒歩8分

志村リョウ個展「カバのハコブネ」延期のお知らせ

志村リョウ個展「カバのハコブネ」延期のお知らせ

5月23日からの開催を予定していましたが、新型コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大の防止を考慮し延期となりました。また日程が決まり次第再度お知らせいたします。

何とぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

2020年4月21日
gallery kissa
瀧本佳成

臨時休廊のお知らせ 4月11日~5月17日

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響を考慮し、4月11日から5月17日まで休廊させていただきます。

一刻も早い新型コロナウィルスの終息と、みなさまの健康を、心からお祈りしています!

2020年4月10日
gallery kissa
瀧本佳成

TONES2020 村治奏一ライブ、新型コロナウイルス対応について

新型コロナウイルス発生をうけ、多くのイベント・コンサートが中止になっておりますが、3月20日、21日、22日に行われるTONES Liveは、予定通り開催いたします。開催にあたりまして、以下の点を遵守いたします。ご理解、ご協力のほどお願いいたします。

・定員を25名としていましたが、20名に変更し、奏者及びお客様ごとの距離が近づきすぎないように配慮いたします。

・当日体調の悪い方、発熱のある方はキャンセルのほどお願いいたします。返金の対応をさせていただきます。

・入り口、トイレに消毒液を設置いたします。出入場時、トイレ使用前後に必ずご使用ください。

・換気のため、各ライブ終了後窓を開けさせていただきます。

・サイン会は行いません。

・近い距離による会話からの飛沫感染の可能性があるため、演奏終了後はすみやかにお引取りのほどお願いいたします。

・奏者および関係者への物品の受け渡しはお断りいたします。

・各回終了後、会場のドアノブや手すりの消毒など、会場清掃をいたします。

​ 皆様に安心して音楽を楽しんでいただけるよう努めて参りますのでよろしくお願いいたします。

​村治奏一、Gallery Kissa

2020年3月3日更新

村治奏一 TONES Live ギターソロ・ギャラリー公演 / gallery kissa

こちらのリンクからチケットご予約いただけます。
https://gallerykissa.jp/shop/category/item/itemgenre/event

3.20 (金・祝) 11:00~12:00 10:30開場
3.20 (金・祝) 15:00~16:00 14:30開場
3.21 (土) 11:00~12:00 10:30開場
3.21 (土) 15:00~16:00 14:30開場
3.22 (日) 10:00~10:50 9:30開場 (親子向けライブ)
3.22 (日) 14:00~15:00 13:30開場
入場料: 3,000円(税込) 定員 25名 20名

ドンカジョン巡回展「アルファベットくん旅に出る」の旅立ち。旧年中お世話になりました。

2019年キッサでの最後の展示、ドンカジョン巡回展「アルファベットくん旅に出る」も無事終了し、アルファベットくんは次の目的地の カフェ百時 さんへ旅立ちました。

展示に足を運んでくださった沢山の方々ありがとうございました。

毎年12月25日はドンカジョンさんのライフワークWISHくんの締切の日なのですが、その貴重な月に展示を地元の愛知から離れた場所の東京で開催させていただいて、地元のファンの方々には申し訳ない気持ちでいっぱいですが、とてもありがたいことです。

今年のドンさんとのコラボのシルクスクリーングッズを作らせていただきました。「アルファベットくん旅に出る」の案内状に合わせて、モノトーンの黒一色で刷っています。なかなかいい感じに出来ました。今回初めてスウェットを作りましたが、とても暖かいです。オンラインショップでも販売中ですので、ぜひ!

展示中にオーダーいただいた方には特別に、お好みのものや別の色で刷ったりもしています。

キッサで展示した AからZまで並んだアルファベット絵は全て新作。

また、今回のドンカジョンさんの展示期間中、ギターリスト 村治奏一さんの演奏会も行わせていただきました。

大人向けライブ2回と親子向けライブがありましたが、親子向けライブでは演奏中子供達がドンさんの絵が気になってしまって立ち上がってドンさんの絵を見に行く姿に癒されました。

生音のギター音は最高です。また、2020年も村治奏一さんのギャラリー公演を行いたいと計画中ですので、ぜひ一度聴きに来てください。

展示の最後を飾るのはドンカジョンライブ、今年はアンプラグド(生音)でのライブでした。

今年の演奏も最高でした~~。ありがとうございます。

展示最後の週に「パンのおはなし」さんからいただいた、WISHくんパンと、クリスマスのスペシャルなパン。重ね重ねありがとうございます。皆さんで分けて美味しくいただきました。

2020年最初の展示は 1月18日から始まる。井上奈奈さん講師でのワークショップで出来た創作絵本5冊を展示する創作絵本展「From My First Picture Book」です。初日の1月18日は作家さんが集まりオープニングパーティーがあります。どなたでも歓迎ですので、ぜひいらしてください。

ちなみにアートスクールが1月12日あり今年も1月と2月は「油絵体験」を行います。油絵未経験者歓迎ですので、ご興味あるかたはぜひご参加ください。

展示終了のお知らせが年をまたいでしまいましたが、2019年も楽しい展示に囲まれた幸せな年でした。ありがとうございます。2020年もどうぞよろしくお願いします。

gallery kissa
瀧本佳成

gallery kissa
東京都台東区浅草橋 3-25-7 NIビル4F
03-5829-9268  https://gallerykissa.jp/
JR 浅草橋駅東口徒歩7分
浅草線蔵前駅A1徒歩3分
大江戸線蔵前駅徒歩8分

創作絵本展vol.2 From my first picture book 2020/1/18-2/2 開催のお知らせ

ゼロからギャラリー発表まで絵本作家と創る「絵本創作ワークショップ」から生まれた絵本たち vol. 2

絵本作家 井上奈奈さんを講師に迎えて始まった「創作絵本ワークショップ」 2期生の展示を来年2020年1月18日(土)より開催します。

今回も、そう、今回も素敵な絵本ばかりです。 ぜひお越しください。

※展示初日の1月18日は17時より出展作家を交えたオープニングを予定しています。どなた様も是非ご参加ください。

作家紹介(順不同)

■作家名 久保田ゆき
■TITLE とびきり苦くて甘い味

自身でのアート制作、または指導をしながら、家族プラス愛犬と暮らしています。絵本制作は初めてです。この絵本で、『辛く悲しいことはあるけれど、その反面で幸せも受け取ることもある。』ということを 表現しました。このワークショップで、絵の表現や言葉の大切さを学びました。

■作家名 paritora
■TITLE 保護犬そらじと私

『そらじ』は元保護犬。ボロボロで町を彷徨っているところを保護され飼い主を探したけれど現れず、我が家にやって来ました。
散歩を怖がったりトイレを中々覚えなかったり色々あったけど、少しずつ家族になっていった私達を絵本にしました。

■作家名 りのごびお
■TITLE ウソ800ミュージアム

ある朝、ねずみに招待状が届きます。差出人は「ウソ800財団」…。ウソみたいなこと、ウソであってほしいことばかり現実で起こるので、綺麗なウソだけ集めた世界をつくりました。鉱物、化石、映画館など、好きな物をたくさん詰め込み、博物館で働いていた時の経験も少し混ぜました。

■作家名 ぱしゃん
■TITLE 杉本あやこ

ある日、少女はドアを開けた。
一杯のコーヒーと海の時間が交じり合う、不思議なときの物語。
言葉のない絵本です。
日常の片隅でふと、小さな生き物たちの存在に、耳を澄ませることができたらと思って作った一冊です。

■作家名 藤元咲帆
■TITLE それとも、どっちも

国際関係をテーマにした絵本を書きたく「それとも、どっちも」を考えました。今回は対立した2つの国が互いに反撃をしている様子から構想を得て、表裏どちらからでも読める作品にしました。子どもによって様々な意見が出てくるような作品になると嬉しいです。

講師プロフィール
井上奈奈 http://nana-works.com/
画家・絵本作家。京都府舞鶴市生まれ、東京都在住。16歳のとき単身アメリカへ留学、美術を学ぶ。武蔵野美術大学卒業。主な著作に絵本『ウラオモテヤマネコ』『ちょうちょうなんなん』などがある。2018年『くままでのおさらい』特装版が『世界で最も美しい本コンクール』にて銀賞を受賞。

また、第3期「絵本創作ワークショップ」の参加者の募集も開始します!第3期は2020年3月7日スタートで、2020年7月(もしくは8月)の展示予定です。お申込みと詳細は https://gallerykissa.jp/picturebook/ へ

gallery kissa
東京都台東区浅草橋 3-25-7 NIビル4F
03-5829-9268  https://gallerykissa.jp/
JR 浅草橋駅東口徒歩7分
浅草線蔵前駅A1徒歩3分
大江戸線蔵前駅徒歩8分

ツチノコトラベル インスタ写真展 大賞と作家賞の発表です。

「ツチノコトラベルで行く島巡り」はしもとみお・本多絵美子・馬塲稔郎・花房さくら、彫刻家4人展にてインスタ写真展を開催していましたが、みなさん楽しんでいただけたでしょうか?

ようやく今週、馬塲さんのエッチング作品の刷り待ちの方を除き、配送での作品受取を選ばれた方々への配送手配が無事終わりました。皆さんのお手元に届いているころかと思います。ぜひ末永く新居にてかわいがってあげてください。万一、まだ届いていない方がおりましたらご連絡ください。

じゃジャーン、ということで、大変お待たせしました。インスタ写真展での作家賞と大賞の発表です。

まずは作家賞から、作家賞は4人の作家それぞれから光栄にも選ばれた投稿です。

はしもとみお賞

インスタ写真展ですが、型破りのみおさんらしく、ツイッターからの選考です。ワークショップのゆらゆら猫「作っていただいた彫刻がとてもよかったです。」というコメントをいただきました。

馬塲稔郎賞

「柴ケツを撮ってくれた」fukuju_fkfkさんに、というコメントを添えて選んでいただきました。

本多絵美子賞

花房さくら賞

「馬塲さんの鶴がアイスを狙っているアングル、気が付きませんでした!」とコメントをいただきました。

以上、が作家賞の発表です。

そして、ベストセレクション大賞を選ぶために、各作家より大賞のノミネート作品を1点選んでいただきました。

以下がノミネート作品となりました。

みおさんからのノミネート

各作家の「ブレーメンを並べていて面白い」というのが選考理由です。

馬塲さん、本多さんからのノミネート

「可愛らしいイラストと一言コメント付き」が素敵な投稿が選考理由です。

さくらさんからのノミネート

「島巡りをしている最中のお客様を捉えているのが、他になかったので素敵です」と選考のコメントをいただきました。

最終選考の結果、ベストセレクション大賞に全員一致で「shk.treehouse」さんが見事大賞に選ばれました~。パチパチパチ

作家賞に選ばれたかた4名と大賞に選ばれた方、さらにノミネートされた2名につきましてはインスタグラム(もしくはツイッター)のgallerykissaのアカウントまでメッセージを賞品のお届け先をご連絡ください。作家賞と大賞の方には、予告通り、サイン入りグッズ、ノミネート作品については特別にサインなしですが、ツチノコトラベル コースターをお届けいたします!もしくは、ギャラリーにお越しいただければ、賞品をお渡しいたします。

また来年もチームツチノコによる彫刻家4人展を予定しています。来年のインスタ写真展もご期待ください!

gallery kissa
瀧本佳成

「ツチノコトラベルで行く島巡り」はしもとみお・本多絵美子・馬塲稔郎・花房さくら

会期:2019年11月1日(金)~11月24日(日)
時間:12:00 – 19:30 水-土 (~17:00 日曜日) 休日、月・火曜日
場所:gallery kissa 111-0053 東京都台東区浅草橋3-25-7 NIビル4F
※4階ですがエレベーターはございません
03-5829-9268 https://gallerykissa.jp