5/26-5/28 モノマチナイン、造形作家 志村リョウ 個展『kabaii!!』展、ワークショップも

いよいよ明日 5/26日(金)から、5/28日(日)までの3日間、第9回モノマチ「モノマチナイン」が開催されます。

ギャラリーでは、造形作家 志村リョウ 個展『kabaii!!』展を開催中。

h conceptの+d earthブランドから発売されている、カバクレヨンなどで、お馴染みの方もおられるかと思います。

その造形作家 志村リョウさんが、渾身のカバ愛を込めての展示となる『kabaii!!』展です。カバです。

ギャラリー会場で200体以上の個々、異なるカバたちが並んでいます。

モノマチナインでは、土日の27日と28日に志村リョウさんのワークショップを行います。

「かばいいカバさんを型から造ろう」ということで実際に作品で使用したシリコン型を用いて、オリジナルのかばいいカバさん作品を造るワークショップです。

まだご予約受付中ですので、ご興味ある方はお早めに下記のご予約ページからご予約ください!27日、28日共に午前10:00-と午後14:00- の2回ワークショップを予定しています。

モノマチナイン 第9回モノマチ

また、今年も去年に引き続き、モノマチ仲間のオーダー傘屋さん、RAGTIMEさんとのコラボ傘「どうぶつ×傘」のオーダー受付をしています。

昨年はコウモリがテーマでしたので、コウモリのコウモリ傘という1択でしたが、持ち手のどうぶつのバリエーションが一気に増えました。

もちろんカバもありますよ!

日傘と雨傘の折りたたみバージョンもあって、日傘では、傘に志村リョウさんのイラストをプリントできます(全部で10種類より選択)。

ぜひ、かばいい!!カバさんに会いに来てください。

そして、今回は屋上まで特設会場「カバ庭園」を作りました。

かなり癒されます~。

皆さん、今年のモノマチも楽しみましょう~~~。

 

造形作家 志村リョウ 個展『kabaii!!』展

会期:2017年5月19日 (金)~ 6月18日(日)

gallery kissa
東京都台東区浅草橋3-25-7 NIビル4F
Tel. 03-5829-9268 Mail. info@gallerykissa.jp HP. http://info@gallerykissa.jp
展示期間中の営業時間:火曜から土曜 12:00~19:30 日曜 12:00~17:00 休業日:月曜

 

造形作家 志村リョウ 個展 きっかけのかたち 2016 モノマチでのワークショップ(5月28日・29日)

先月5月の最週末は、台東区南地域のモノづくりイベント、第八回のモノマチ(はちモノマチ)があり5月28日、29日にはギャラリーでワークショップを行いました。

個展を展示している作家さん、志村リョウさんが講師で、「コウモリさんを型から造ろう」というワークショップです。

_1190440

コウモリの型に樹脂を流し込んで、

_1190454

固まったところで、取り出します。

_1190463

もくもくと型から取りだしたコウモリさんを削っていきます。

_1190472

色塗り作業。

_1190479

最後に目や鼻、耳を描きます。とても細かい作業で大変ですが、眼入れが勝負です。

_1190488

二日目は小学生、お二人に参加いただきました。

_1190493

_1190502

型をあける瞬間は「何か埋まってる~」と思わず声が出てしまいます。

_1190522

_1190528

絵の具乾かし中の姿もかわいいです。

_1190542

小学3年生の女の子、頭部と体で青みが違う、こだわり、そして、体にもグレーの模様とセンス抜群。

最後に皆さんの完成作品をバシャり。

_1190557

_1190569

_1190561

_1190565

二日間で、沢山の素敵なコウモリさんが誕生しました。ワークショップにご参加いただいた皆様、モノマチ期間中展示にお越しいただいた皆様ありがとうございます。

志村リョウさんの個展は、ひきつづき6月19日まで開催しています。
gallery kissa
東京都台東区浅草橋3-25-7 NIビル4F
Tel. 03-5829-9268 Mail. info@gallerykissa.jp HP. http://info@gallerykissa.jp
営業時間:水曜から土曜 12:00~19:30 日曜 12:00~17:00 休業日:月曜・火曜

造形作家 志村リョウ 個展 きっかけのかたち 2016 5.27-29の3日間はモノマチ!ワークショップもあります

約2年ぶりとなる個展、造形作家 志村リョウ 個展 きっかけのかたち 2016 が先週より始まりました。

今回のメインの新作作品でもある「きっかけのかたち コウモリ」は、500体のディフォルメされたコウモリを天井から吊るし、コウモリたちの群れを再現しています。

_1190323

動物の群れというのも、志村リョウさんがアート活動を行う上でのライフワークテーマの一つだそうです。色々な意味で種を守るためのすべとして群れるのでしょうが、群れの外から見る立場とするとちょっと怖かったりするものですが、群れの中に入った気持ちになると、逆に心地良く安心感が生まれるものです。1つのコウモリの原型から造られた群れですが、一つ一つ作家さんの手で彩色され、表情も一つ一つ丁寧に作られています。同じようで同じでない、それが志村リョウさんの生み出すディフォルメ造形の魅力なのでしょう。ちなみに、500体のコウモリ、1体ごとで販売もしています。

_1190352

今回の展示でのもう一つの群れは、フラミンゴです。ピンクに着色された透明なフラミンゴ、すこし飴のようでもあり、美味しそうです。

_1190386

_1190343

ディフォルメ造形と共に、志村さんが得意とする、細密作品。中でもカバ愛溢れる、志村リョウさんのカバの細密は最高です。こちらはこかばです。

_1190347

新作の細密「かお」シリーズ

_1190369

片半分が細密、もう片半分がCGのポリゴンデータのようなライオン。

_1190349

ギューンと海を飛ぶ「本朱」

_1190359

今年から新たな試みで始めているカラフルに彩色されたディフォルメ作品は、どれもとてもかわいいです。

_1190364

_1190363

_1190382

_1190336

今回の個展での作品展示が初となるイラストは、「立体から生まれたイラスト」シリーズ。イラストはフリーハンドで描かれた手書きのイラストですが、ディフォルメされた動物の立体造形を作ったあと、立体造形から生まれたイラスト群です。かなり遠回りのイラストですが、造形作家さんならではの発想が面白いです。

_1190395

こちらは、志村リョウさん定番「カバ」のシルクスクリーンの額装シリーズ。ちょっと部屋を明るくおしゃれにするのにいいですね。

_1190321

_1190339

木馬ならぬ、「木河馬」。乗れますか?という声が必ず聞こえてきますが、残念ながら今回試乗することはできません・・・。

_1190367

なお、子供に大人気の「大きなカバさん」については座ったり乗ったりすることが出来ます。

_1190388

カバのピンバッチなどのグッズコーナーもあります。

そして、もう明日27日(金)からとなるモノマチは、27日、28日、29日の3日間で行う台東区南部地域の一大ものづくりイベントです。もちろん、ギャラリーキッサは今年も参加しますので、志村リョウさんの個展と共に、今週末はモノマチを楽しみにいらしてください。

24

モノマチ期間中の土日はワークショップを行います。

内容は、「コウモリさんを型から造ろう」です。

_1180360

各90分程度 参加費 3,800円(材料費込み)

内容「実際に作品で使用したシリコン型を用いて、オリジナルのコウモリ作品を造るワークショップです。型に材料を流し込み→脱型→着色→仕上げ加工まで」 ※「オブジェ」、「ピアスorネックレス(金属パーツ代別途)」の中からお好きな仕様を選ぶことが出来ます。

自分だけの世界にたった1つのコウモリさんを造りましょう。

なかなか型から物を作るということは日常ではまずないので、とても貴重なワークショップです。ぜひ、ご予約の上、ご参加ください。こちらのイベントリンク(/event/20160528)からお申込みいただけます。

また、モノマチつながりのオーダーメイド傘RAGTIMEさんとのコラボで、これが本当の「コウモリ傘」を実現しました。展示期間中オーダー受け付けています。めちゃめちゃかっこいいです。メンズとレディースがあり、傘の柄の色パターンを選択できます。コウモリ傘のオーダー制作に興味ある方、ぜひお声がけください!!

なお、モノマチのワークショップでは5名限定で、自身で型からつくったコウモリを使い、ビニール傘の柄にするというスペシャルなワークショップもあります。

_1190320

今回の展示は、浅草経済新聞さんでも取り上げていただきました。

また、5月25日発売のARTcollectors'(アートコレクターズ) 2016年 06 月号、特集は「今いちばん新しい立体アート!」ですが、編集部オススメの立体アーティスト22で、造形作家 志村リョウさん、そして、はしもとみおさんもご紹介いただいています。立体の魅力がもり沢山な特集となっていますので、ぜひ手に取ってみてください。

そんなこんなで、内容盛りだくさんの造形作家 志村リョウ 個展 きっかけのかたち 2016、ぜひお越しくださいませ。

 

造形作家 志村リョウ 個展 きっかけのかたち 2016

「地球で起きている―変化に興味を。

それはほんの小さなきっかけによって持てるのではないだろうか。

森林伐採・大気汚染・温暖化・密猟などによって起こっている、大量絶滅に晒された生きものを見つめ制作された作品達。

・シワや毛の一本一本まで追い求めた、「細密造形作品」
・動物の持つ美しいラインを抽出した、「デフォルメ造形作品」
・それら造形作品から生まれた「イラスト作品」

彼らと出会うことで、今よりちょっと動物達を好きになってもらえると嬉しいです。」

会期: 2016.5.20(金) – 6.19(日)

gallery kissa

東京都台東区浅草橋3-25-7 NIビル4F
Tel. 03-5829-9268 Mail. info@gallerykissa.jp HP. http://info@gallerykissa.jp
営業時間:水曜から土曜 12:00~19:30 日曜 12:00~17:00 休業日:月曜・火曜

2014年 秋モノマチ 日本画の画材を使ってのモビールオーナメント制作ワークショップ

_P1M1897

去る2014年10月18日、19日に開催された秋モノマチでは、個展を開催中の日本画の作家さん、林ゆいかさんを講師に迎えて、和紙に日本画の画材を使い、オーナメントを制作するワークショップをギャラリーで行いました。作家さんもワークショップを行うのは初めてということで、どうなることかとドキドキでしたが、皆さん見事な作品が沢山できあがり、楽しく充実したワークショップとなりました。

ワークショップでは上のように、用意された図案もいくつかあり、絵が描けなくても塗り絵気分で楽しくすすめられるようになっています。

_P1M1896

中央にいらっしゃるのが、林ゆいかさん。土曜日は、比較的ゆったりとした雰囲気でスタート。開始時間と同時に始められたお二人、根気よく筆をすすめられていましたが、初めて日本画の画材を使ったとは思えないくらい、素敵な作品が出来上がりました。

_P1M1904

_P1M1905

_P1M1907

_P1M1925

_P1M1911

では、完成作品を、次々と紹介!

_P1M1920 _P1M1922

左の空飛ぶペンギンはモノマチ友達のNさん、十字の星に金泥が使われています。右の作品は小学生、女の子の作品、ドラえもんの表情がかわいいですね。どちらの作品も、岩絵の具、銀箔などを使ってキラキラ感があっていいですね。

_P1M1923 _P1M1935

左の作品はワークショップの様子を見て、急遽参加いただいた方です。苦労されていたようですが、淡い色合いと、グラデーションが素敵です。右のネコちゃんは、毎度キッサで行われている、彫刻家はしもとみおさんのワークショップにご参加いただいているYさん。一緒に暮らしている愛ネコでモフモフの長毛ねこさんがモデルです。フリーハンドで描かれて絵、とてもかわいらしいです。

_P1M1931 _P1M1932

最近、キッサの常連さん(左)、かなり太っちょのワンちゃんを制作。この日は絵を描くのが好きな娘さんと一緒にご参加いただきました(右)。ちりばめられた模様と、お父さん、娘さんの両作品のひょうきんな表情がいいです。ちなみに、右の写真の左側は、作家の林ゆいかさんの作品です。

_P1M1927 _P1M1929

こちらの2作品、ワークショップ開始と同時に始められたお二方、、、素人とは思えないです。右のカップは、モノマチで他店のコラボ企画で作られたミミカップがモチーフだそうです。どちらも本当にクオリティーが高い!

_P1M1940

映像作家でお友達のKさん。犬から出ているオーラがやばい!

_P1M1941 _P1M1936

最後に参加されたお二方、これまた素敵です~。

 

二日目の日曜日は、子供と大人が半々くらい、にぎやかなワークショップでした。子供たちは教えなくても、ガンガン色塗りを進めてくれ、頼もしいです。それでも、いつも使っている水彩絵の具などとは違う雰囲気のものが出来上がるのが、楽しいですね。

_1120020

_1120027

19日に出来た作品の数々。

_P1M1944 _P1M1946

左の作品は淡い色合いですが、独特の世界観が感じられて気品があります。右のネコちゃんは小学生の作品、しましまのしっぽと、縞々の手の模様を描くのに苦労していたようですが、とてもかわいらしく出来上がりました。糸に連結されたビーズもまたいい感じです。

_P1M1950 _1120036

左の作品は、いつも展示に立ち寄っていただいているYさん。ラブラドールレトリバーを多頭飼いされています。仲良しな二匹のワンちゃんの絵がなんともなごみます。右の作品は、お母さんに手伝ってもらいながら挑戦してもらいました。ねこちゃんの表情がとてもかわいらしいです。この表情はなかなか描けないものです。

_1120037 _1120040

子どもたちの作品、右の2作品は男の子兄弟のご参加です。顔彩は重ね塗りが難しので、濃い色を使うのはためらってしまう所ですが、しっかりと色を描いているのがとてもいいですね。

_1120045

図案の絵柄をアレンジされて、月に乗ったねこちゃんが出来上がりました。カラフルで沢山あるお花が、単色のネコちゃんとコントラストがありとても素敵です。

_P1M1948

最後の2作品は、林ゆいかさんのお友人、美大の予備校の時からのお友達だそうです。さすがです!!かわいすぎます。

_1120029

_1120030

日本画のワークショップ、ご参加された皆様ありがとうございます。参加された方々、楽しんでいただけたでしょうか??

_P3M1415

オーナメントの裏側は、いつもモノマチでお世話になっている、箔押しのアーティスティックビューティーさんに持ち込んでいただくと、「モノマチ」ロゴを押していただけるコラボ企画もありました。参加された方の半数以上は、無事箔押しまで楽しんでもらえたようです。

_P3M1761

作家の林ゆいかさんが制作されたモビール。浅草橋のディスプレイ用品店にいる人気美ネコマロちゃんがモデルだそうです。我が家のニコちゃんにも、ちょっと似ています。

_P3M1753

こちらの2作品は、彫刻家のお二人、彫刻家はしもとみおさんと、本多絵美子さんの作品です。

ギャラリーキッサでは、また来年も林ゆいかさんの個展を開催する予定です。また秋モノマチが来年もあれば、何かワークショップをやりたいと考えておりますので、ぜひ、次回も沢山の方々のご参加をお待ちしております。