1月22日(日)13:30~ kissaとポチの昼下がり音楽会

今年はぽかぽかなお正月でしたが、今週は寒い~ですね。

愛知を拠点に活動される、ポチさんの久々の東京ライブとなる、キッサライブがいよいよ11月22日(日)と迫ってきました。

ポチさんと出会ったのは、動物彫刻家はしもとみおさんの展示会「いきものたちの、ものがたり」展(2013)でのライブです。ポチさんの音楽は、主な作詞・作曲はあみお(動物彫刻家のはしもとみお、ボーカルのヨダアミ)。歌うのはヨダアミさん。

昨年、J-WAVEのMUSIC HYPER MARKETでの、投稿の殿堂で見事殿堂入りされて、J-WAVEにポチページが登場。ここのページで聞くことのできる「アズキムシ」がとっても素敵ですので、ぜひ聴いてみてください。

http://ongaku.fm/recommend/pochi/

 

ポチさんのキッサ初ライブは2013年5月のはしもとみおさんの個展の開催時に行い、ギターのOliveさんとのデュオでした。

2013年は、12月のはしもとみおさんの木彫りワークショップの後も、ポチさんライブを開催。伴奏はウッドベースでしたが、ウッドベースの温かみのある音色とリズムと溶け合い、とても素敵でした。

2015年には、オリジナルのフルアルバム『ポチと旅するケモノうた』をリリースされます。

そして、久々となる東京ライブであり、キッサでのポチさんライブ。1月22日はポチさんのソロライブでウクレレを片手にやってきていただけます。前回から3年以上経ち、益々グレードアップしているポチさん。今からとっても楽しみです。子供も大人も大歓迎のライブです。皆さんぜひいらしてくださいね~。!

日時: 2017年1月22日

時間: 13:30(開場13:00) – 15:00終演予定 途中休憩あり
 
演奏: ポチ(うたとウクレレ、その他)
 
愛知を拠点に活動するポチ。
どうぶつやひとや自然にいきるもののきもちを、
あったかいうたにのせて届けます。
主な作詞はどうぶつ彫刻家のはしもとみお。
歌うのは、シンガーのヨダアミ。
 
大人も子供も笑顔になるこえとうた。
今回は、数年ぶりの東京ライブです。
いま、kissaでうたいたいオリジナル曲や季節の童謡・カバー曲などを演奏予定。
やさしさあふれるポチの歌世界をどうぞお楽しみください。
ポチHP
ポチのうた
 
 
入場料(全てドリンク付き)
 
大人 2000円 
小学生以下 1500円
3歳以下 無料
 
 
ご予約はこちらのリンクから!
http://gallerykissa.jp/event/20170122

 

会場: gallery kissa 東京都台東区浅草橋3-25-7 4F
電話: 03-5829-9268
 
お問合せ: info@gallerykissa.jp

2016.10.15 重松壮一郎 星あつめコンサート ソロライブ@UUD

即興演奏で音を紡ぐピアニスト重松壮一郎さんのライブがギャラリーの星あつめ 林ゆいか展に合わせてありました。演奏はギャラリー近くでグランドピアノがある自宅会場(UUD)で行いました。

13719660_1235864689771056_8584619245105615698_o

人間だけでなく、生きとし生けるものすべてに捧げられた音たち。
宇宙に広がる星屑のように、一音一音が、かがやきを放つ。
gallery kissa での 星あつめ 林ゆいか展に併せた、ソロコンサート。

photo-2016-10-15-17-12-11_1521

演奏前に、ギャラリーに足を運んでいただき、林ゆいかさんの個展をご覧いただきました。

コンサート冒頭の、星あつめのイメージで即興で演奏いただきました。コンサートに参加できなかった方も、どうぞお楽しみください。

林さんの絵と重松さんの音との共鳴、とても素晴らしかったです。美しいものは目でみたり音で聴いたりするものとは別の所で深くつながっているものだと感じました。

星あつめ 林ゆいか展は、11月6日(日)まで。

2016%e6%98%9f%e3%81%82%e3%81%a4%e3%82%81

2016.3.27 ねこのピート第三弾~はじめてのがっこう~マジックと音楽と絵本ライブ

今日は、絵本ねこのピート(英題:PETE THE CAT)翻訳三作目となる「ねこのピート はじめてのがっこう」の公開収録ライブでした。

翻訳者 大友剛さんのマジックと、音楽、そして絵本の読み聞かせライブ。

_1170738

あそびうたの福田 翔さんが、特別参加で、あそびうたと絵本の読み聞かせに出演いただきました。

_1170741

まずは、一作目のねこのピート だいすきなしろいくつを読み聞かせで、ウォーミングアップ。

_1170766

_1170767

_1170789

_1170807

今日のライブ映像は編集した後、5月頃公開する予定です。お楽しみに~

2016.02.26 SOL’S SOUNDS NIGHT vol.1 次回は6.24(予定)

SOL’S SOUNDS の初イベントSOL’S SOUNDS NIGHT vol.1 がギャラリーでありました。

第一回目のテーマは「映画」
jazz standardを盛り込み、映像と生音楽とお酒を楽しむひととき。

_P1M3129

出演
Gt. 清水敏朗
Ba. 東出紘樹
Dr. 井上タカシ
Gt. 左右田靖大
Vo. 荒井利枝子

_1170685

_1170683

_1170687

_1170691

映画のトレーラーを流しながら、映画に使われたスタンダードを映像が流れる中演奏するという企画でしたが、とても素敵でした。安定したベースの東出さんと、MCも最高で音楽の幅も広く楽しませてもらえるギターの清水さん、ドラムの井上さんもかっこよかったです。そして、SOL’Sメンバーの荒井さんのボーカルと、左右田さんのギターも加わり、SOL’Sらしいおしゃれな企画でした。

_P1M3137

Vol.2は6月24日(金)を予定しています。こうご期待!

 

4月11日(土) 19:30~ 大友剛 ソロLIVE = ピアノと鍵盤ハーモニカLIVE

ツイッター、フェイスブックなどのSNSでも桜の写真が咲き乱れる、まさに春が来ましたね。

ねこのピートの翻訳者、鍵盤ハーモニカの名手として、ピアニカ王子と異名を持つ大友剛さんの大人向け ソロLIVE開催です!

11日土曜日は、大友さんには珍しい、貴重な大人向けライブです。入園、入学、春をテーマにした楽曲をお贈りします。いつものように、リクエスト大会もありますので、皆さんリクエスト曲を事前に考えていらしてください。

まだ、少し空きがありますが、お早目にご予約を。こちらのイベントページからお申込いただけます。

20150511B5

以下、写真は去年の3月の大人向けライブ風景です。音楽あり、絵本の読み聞かせもあり!ちょっと時間は遅いですが、大人限定ではありませんので、親子でもいらしてください。

_1060772

_1060756

2月28日!綿あめ文庫旗揚げ公演「Hattara Pokkari ~ヌードルなキューピー~」

外が暖かくなりつつあり、そわそわしたり、意味もなく外を出歩きたくなる時期ですが、花粉に悩まされたりと、、、花粉症の方々にはつらい時期でもありますね。

明日の2月28日(土)は、ギャラリーで朗読ユニット・綿あめ文庫の旗揚げ公演があります。ギャラリー営業はしていませんので、ご注意ください!(また、日曜日の3月1日(日)臨時休業となります)

まだ、少し席があるようですので、ぜひお出かけください。

世にもゆるふわな朗読ユニット・綿あめ文庫の旗揚げ公演

声に出して文章を読むのが朗読。

そんな朗読をごく日常的なからだで読んだり、いろいろな使い方をして実験的に繰り広げていく、朗読集団、綿あめ文庫です。

読み、唄い、うごめきたい山田みぞれを中心にした第1回公演。

2月28日 土曜日
15時半 開場
16時 開演

入場料 1000円

ご予約いただい方には、特製グッズプレゼント。
また、ご来店いただいた方にはもれなくささやかなお土産つきです。

〜出演〜

まりな
菜穂子
みぞれ

〜構成・演出〜
山田みぞれ

予約・問い合わせ
mizorainbow4@gmail.com

Facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/1554770971401757

20150228-1

20150228-2

2015年2月8日(日) 18:00 コイケ龍一+重松壮一郎 ピアノの森・アフリカのムビラ

2015年 新春コンサートのお知らせです。

なお、会場はギャラリーではなく、ギャラリーから徒歩10分ほどの場所にある自宅1階です。

狭いし、ライブするような場所ではないので、コンサートに来られる方には大変恐縮ですが、なぜここでやるかというと、自宅1階で眠っているミニグランドピアノがあるからです。小さいグランドピアノですが、音はとても気に入っています。現在は製造もされていないベーゼンドルファーのミニグランドという、かなりレアなピアノです。このピアノを活用したいといつも思っていて、ようやくコンサートを実現することができました。自宅1階が人を招き入れる状態ではないので、現在プチリフォーム中ですが、日曜大工レベルなのであまり期待しないように・・・。うまくいけば、もっとピアノライブをしたいです。

しかも、ピアノの演奏は重松壮一郎さん!そして、お相手はキッサライブでは、お馴染のコイケ龍一さん。スペシャルなお二人をお迎えして新春コンサートとなります。

何しろ狭いので、限定20名のスペシャルライブです。要予約ですのでご予約はお早目に!

重松さんの美しいピアノの響きと共に、龍一君のムビラの音色で包まれる。小さな空間なので、広いライブハウスとは、また一味違った濃厚なライブになりそうです。

20150208

重松壮一郎(ピアノ)

soso_face_03

1973年 大阪生まれ、横浜育ち。
長崎県佐世保市在住。
早稲田大学社会科学部卒。

即興演奏とオリジナル曲を主体とした独自のスタイルで、全国・海外にて年間150回近いのライブ活動を行う「旅の音楽家」。2004年・2006年にはアメリカ、2008年にはオーストラリアでもツアーを行う。

「息をして」「水滴のダンス」「みずよとわに」「いるよいるよ」などの人気のオリジナル曲や、その場にいる一人一人の想いを音にしているかのような即興演奏は、現代に生きる人々の心に深く響き、世代や国境を越え、多くの共感を呼んでいる。またその音は、全国でのツアー活動を通じて、人々や自然とのつながりのなかで育まれ、川の流れのように常に変化し続けている。

人間だけでなく、すべての命に向けた音楽を創造すること、音を媒介に自然と交感すること、環境問題における音楽の役割とは?などのテーマに取り組んでいる。

生きとし生けるものすべてに向けて音を紡ぐピアニスト。

《Webサイト》http://www.livingthings.org
《Blog》http://www.livingthings.org/report/

コイケ龍一(親指ピアノ・太鼓・歌)

134128520139613205009_koike

1971年生まれ。東京生まれ。岡山県在住。

20歳の頃、太鼓に目覚め、アフリカに太鼓修行に行く。
タンザニアのリンバに出会う。フクウェ・ザウォセ氏に習う。

帰国後、日本でアフリカ文化紹介の活動として、
ハクナターブ(東アフリカンダンス&ドラムグループ)の一員として全国で、コンサートを行う。
29歳で再度アフリカを目指す。ジンバブウェのムビラに出会う。
エファット・ムジュル氏に習う。

33歳、ミュージシャンOto氏とムビラトロンを始め現在に至る。

 

 

 

 

《Webサイト》http://homepage2.nifty.com/ilimba/

 

※会場はギャラリーキッサではありませんので、ご注意ください。

アフリカ楽器・親指ピアノ(ムビラ/イリンバ/チリンバ等)と、ピアノによるオーガニック・サウンド!

アフリカの優しい音色を響かせる親指ピアノ奏者「コイケ龍一」と全てのいのちと共鳴を音に紡ぐピアニスト「重松壮一郎」。
自然に寄り添い、鳥や虫たちとたわむれる音が、森の精霊となって、キラキラ宙に舞う!

日時: 2015年2月8日(日)
時間: 開場17:30 開演18:00
会場: 東京都台東区浅草橋2-8-1

要予約

ご予約・お問い合わせ

gallery kissa (ギャラリーキッサ)
tel: 03-5829-9268 fax: 03-5829-9157
mail: info@gallerykissa.jp

オンラインフォームでお申込みもいただけます。

2014.08.30 AMANITA MUSCARIA 本田ヨシ子(Voice) 山田みぞれ(現代朗読)

ブログに書くことが溜まってしまったので、続投です。

先週の土曜日のイベントは、現代朗読の山田みぞれさんと、本田ヨシ子(Voice)さんのライブでした。

「べにてんぐたけの声とものがたり」という、不思議なものがたり。

批評を書くのが、すごく苦手なので、大幅に端折ります。

「めちゃめちゃ良かったです。」

以上(苦笑)。

それは、さておき現代朗読というジャンルは未知の分野でしたが、すごく面白いですね。今回は脚本もよく出来ていて、アダルト向けではあるけど、”現代朗読”というものを知らなくても、誰でも楽しめ、すごく良い内容でした。

さらに、今回初共演だったらしいですが、本田ヨシ子さんVoiceとの組み合わせも絶妙でした。空間を充満させるだけでなく、空間の何倍にも広がりを見せる独特のVoiceと、朗読との組み合わせが妙に気持ちが良かったです。

また、このお二人の組み合わせで、ぜひお願いしたいです。

そして次回は、もっと沢山の人に来てもらいたいです。ライブでしか味わえないというのは、こういうものですね。本当にもったいない。

_P1M1680

_P1M1691

_P3M1345

_P1M1694

_P3M1352

_P1M1697

_P1M1699

_P3M1354

_P3M1355

_P3M1359

2014.08.24 ねこのピート 第2弾 絵本ライブ公開収録、大友剛(ねこのピート翻訳者)x金柿 秀幸(絵本ナビ社長) 公開対談

いつまでも続くかと思われた暑い夏も、いきなり終わってしまいましたね。そうこうしている間に、もう9月です。

さて、少し日がたってしまいましたが、先月の8月24日に行われた、ギャラリーキッサでの一大イベントの様子です。

とうとう、ねこのピート(PETE THE CAT)の絵本が1冊目「だいすきな しろい くつ」に続き、2冊目の発売が決まりました。翻訳本のタイトルは「だいすきなよっつのボタン」で、”Pete the Cat and His Four Groovy Buttons” という、原作のPETE THE CATシリーズでは3冊目に発売された絵本です。

YouTubeにはクールなトレーラーも出ていて88万回以上も再生されています。トレーラーだけでも、この絵本の楽しさは伝わりますね!

この絵本は、2012年5月の発売後の週からNYタイムズのベストセラーリスト(絵本部門)の1位に入り、そこから5週で連続1位の記録を残した大人気な絵本です。

_P1M1602

当日は、ピートのファンの親子でギャラリーは超満員でした。新刊絵本の読み聞かせ公開収録ライブですが、はじめは恒例のマジックからスタート。

_P1M1614

この日は特別に、マジックまで教わってしまいました。

_P1M1617

人の話をあまり聞いていない、キッサ店長。。

_P1M1622

マジックに続き、ハーモニカとピアノの音楽を楽しみ、絵本の読み聞かせです。上は、おなじみ「ねこのピート だいすきな しろい くつ」です。今回参加いただいた親子の方々は何度も読んでいるようで、みごとな大合唱でした。

_P3M1308

最後は、この日のメインイベントでもある、新刊絵本の読み聞かせです。「ねこのピート だいすきな よっつの ボタン」(表紙や中身は発売される絵本と若干異なるようです)。

_P3M1314

今回の絵本のリズムは「ラップ!」です。かなりノリノリに進んでいきます。

_P1M1632

大友さんの右手で絵本を一緒に読んでいるのは、絵本出版社ひさかたチャイルドの編集長佐藤さんです。

さてさて、この日の読み聞かせライブは、10月に全国公開予定!準備ができましたら、YouTubeなどで観ることが出来るようになります。お楽しみに!!

ここまでが、午前の親子イベントですが、この日は午後に急きょ絵本ナビの社長さんの、金柿 秀幸社長と大友剛さんの対談が直前に企画され、せっかくなので公開で対談を行われました。公開対談とは言え、3日前に告知するという無茶ぶりでしたが、何名かラッキーな方々にお越しいただきました。

_P1M1647

午後は大人向けにマジック、リクエストライブ、そして絵本の読み聞かせ。もちろん、参加いただいた大人の皆さんにも、ねこのピートの歌を一緒に歌ってもらいました。

_P1M1654

最後は、絵本ナビの金柿社長に登場いただき、大友剛(ねこのピート翻訳者)x金柿 秀幸(絵本ナビ社長) 公開対談です。

_P3M1322

この日の対談は、10月ごろ絵本ナビさんのサイトで公開されます。とても、素敵なお話でした。ぜひチェックしてみてください!

ねこのピートの絵本 第2弾 も目が離せないですね。

ちなみに、アマゾンでは、すでに予約を受け付けているようです。 10月10日発売の模様です。