1月22日(日)13:30~ kissaとポチの昼下がり音楽会

今年はぽかぽかなお正月でしたが、今週は寒い~ですね。

愛知を拠点に活動される、ポチさんの久々の東京ライブとなる、キッサライブがいよいよ11月22日(日)と迫ってきました。

ポチさんと出会ったのは、動物彫刻家はしもとみおさんの展示会「いきものたちの、ものがたり」展(2013)でのライブです。ポチさんの音楽は、主な作詞・作曲はあみお(動物彫刻家のはしもとみお、ボーカルのヨダアミ)。歌うのはヨダアミさん。

昨年、J-WAVEのMUSIC HYPER MARKETでの、投稿の殿堂で見事殿堂入りされて、J-WAVEにポチページが登場。ここのページで聞くことのできる「アズキムシ」がとっても素敵ですので、ぜひ聴いてみてください。

http://ongaku.fm/recommend/pochi/

 

ポチさんのキッサ初ライブは2013年5月のはしもとみおさんの個展の開催時に行い、ギターのOliveさんとのデュオでした。

2013年は、12月のはしもとみおさんの木彫りワークショップの後も、ポチさんライブを開催。伴奏はウッドベースでしたが、ウッドベースの温かみのある音色とリズムと溶け合い、とても素敵でした。

2015年には、オリジナルのフルアルバム『ポチと旅するケモノうた』をリリースされます。

そして、久々となる東京ライブであり、キッサでのポチさんライブ。1月22日はポチさんのソロライブでウクレレを片手にやってきていただけます。前回から3年以上経ち、益々グレードアップしているポチさん。今からとっても楽しみです。子供も大人も大歓迎のライブです。皆さんぜひいらしてくださいね~。!

日時: 2017年1月22日

時間: 13:30(開場13:00) – 15:00終演予定 途中休憩あり
 
演奏: ポチ(うたとウクレレ、その他)
 
愛知を拠点に活動するポチ。
どうぶつやひとや自然にいきるもののきもちを、
あったかいうたにのせて届けます。
主な作詞はどうぶつ彫刻家のはしもとみお。
歌うのは、シンガーのヨダアミ。
 
大人も子供も笑顔になるこえとうた。
今回は、数年ぶりの東京ライブです。
いま、kissaでうたいたいオリジナル曲や季節の童謡・カバー曲などを演奏予定。
やさしさあふれるポチの歌世界をどうぞお楽しみください。
ポチHP
ポチのうた
 
 
入場料(全てドリンク付き)
 
大人 2000円 
小学生以下 1500円
3歳以下 無料
 
 
ご予約はこちらのリンクから!
http://gallerykissa.jp/event/20170122

 

会場: gallery kissa 東京都台東区浅草橋3-25-7 4F
電話: 03-5829-9268
 
お問合せ: info@gallerykissa.jp

象のUNKOペーパー作りフルコースのワークショップ、UNKOで運のつくお守り作り

現在 gallery kissa で開催中の「象×UNKO=Artあ~と展」ですが、土日はワークショップを行っています。

先週の土曜日と今週27日 土曜日はUNKOで運のつくお守り作り、そして、先週の日曜日と今週28日 日曜日は象のUNKOペーパー作りフルコースのワークショップです。

先週のワークショップの様子をお届けします。

_1220578

象のUNKOペーパーの小さな片を選んでいただき、お願いごとを描きます。

_1220586

こんな感じにお願いが事を書いてお守りを作ります。

_1220584

お守りのアクセント付け用に、沢山の消しゴムハンコがあるのですが、すべて中村さんの手作り。象さんのデザインがとってもかわいいです。

_1220587

完成しました。中のお守りが透けて見えるようにトレーシングペーパーでお守り袋を作ります。

_1220589

厄除けお守り。「守るゾウ!」は中村さんが書き入れてくださいました。ごれはご利益ありそうです。

_1220849

浴衣美人のお客さんにも、象のUNKOお守りを作っていただき、記念写真をパシャリ。

明日、27日もお守り作りやってます。10分程度で完成しますので、展示を見に来られた際には皆さんご参加くださいね!

 

日曜日は、象のUNKOペーパー作りフルコースのワークショップ。フルコースのワークショップはなかなか体験できないでしょう。象ファンにとっては願ってもないワークショップかも?!

_1220600

先週の日曜日は台風が心配されましたが、とても良いお天気でした。講師は象のUNKOペーパー作りのプロフェッショナル、中村亜矢子さん。今回の「象×UNKO=Artあ~と展」の紙はずべて中村亜矢子さんが作っています。

_1220595

こちらが、象のUNKOです。さすがに、そのままの状態ではないそうですが、ちょっとだけ洗った状態だそうです。ここから始めます。

_1220617

水で洗っていくわけですが、ここで象がどんなものを食べているかなどチェックするのがポイントだそうです。どんな食べ物が好きかとか、嚙み具合など個々の象の性格判断もしつつ、UNKOを洗います。

_1220639

もちろん参加者のみなさまにもそれぞれ象のUNKOを洗うところを体験してもらいます!

_1220645

洗って絞った後の水は植物の肥料に~。

_1220650

洗った後は鍋に移して、煮込みます。

_1220657

火をおこして

_1220670

煮込みます。煮込むときには、消石灰を加えるのが、紙づくりのポイントだそうです。

_1220694

ひたすら4~5時間煮込みます。ワークショップは、この辺で、お昼休憩。

_1220701

さすがに、5時間待つわけにいかないので、3分クッキング方式で、事前に煮込み終わった状態の象のUNKOを取り出します。またさらに洗うのですが、洗濯ネットに入れて、洗うととて便利だそうです。ちなみに中村さんが紙職人から教わった知恵だそうです。

_1220710

洗濯物を洗うように、何度か押し洗い・すすぎを繰り替えします。

_1220719

洗い終わったら、すり鉢で細かくすりつぶします。

_1220730

こんな感じで擦ると一番ちからが入るそうです。この作業が一番体力を使う根気のいる作業だそうです。

_1220750

お次は、ミキサーでさらに粉々にします。

_1220761

ここまでくるとやっと紙漉き作業に入れます。

_1220766

水に象のUNKOを溶かし込んで、紙漉き器ですくっていきます。

_1220778

均等な厚みなるように調整しつつ、何度かすくいます。

_1220809

取り出したあとは、アイロンにかけます。

_1220810

_1220815

象のUNKOペーパーが出来上がりました!

_1220840

これが、ビフォーアフターの図。お疲れ様でした~。

象のUNKOから紙を作るワークショップのフルコース、28日(日)もあります!!まだまだ受付中、沢山のご参加お待ちしています。

お申込みはこちらから

http://gallerykissa.jp/event/20160828

「象×UNKO=Artあ~と展」開催のお知らせ。2016.8.19-8.28 19日(金)朗読・トークイベント19:30~

2016年8月19日(金)より、象の糞がアートに生まれ変わる?!象×UNKO=Artあ~と展を開催いたします。

会期:2016/08/19 -2016/08/28

UNKO2016

皆様2016年の夏、そしてお盆はいかがお過ごしでしたでしょうか?今回の展示は、「象×UNKO=Artあ~と展」ということで、中村亜矢子さんが作る象のUNKO(糞)100%の手すき和紙を使ってのアート展となります。総勢作家20名ほどで、全紙の大きな作品から、小さな作品まで作っていただいたものを展示する企画展示です。

中村亜矢子さんは、宇都宮動物園の飼育職員だったことから絶滅危惧である象の現状を知り、その原因が象牙の密猟により頭殺されていることに衝撃を受けます。動物園の上司のすすめで象の糞から紙を作ることになり、象のUNKOペーパー作りに没頭。そして、象のUNKOペーパーをきっかけに象のことを知ってもらおうと活動をされています。今年に入り「象×UNKO=Artあ~と展」として、象のUNKOペーパーを使ったアート展を各地で巡回する活動を始め、はおびひろ動物園や、盛岡市動物公園などの動物園で作品展を開催されています。

_1210338
岡野真人 「Stop the slaughter」

今回のgallery kissaでの展示では、ギャラリーとつながりのある作家さん、画家 林ゆいかさん、造形作家 志村リョウさん、画家・アーティスト 井上奈奈さんにも象のUNKOペーパーを使ったアート作品を発表いただけることになりました。井上奈奈さんは、立体作品をつくっていただけるようで、楽しみにしています。

また、展示のオープニングイベントとして初日の19日(金)19:30からは、朗読家の山田みぞれさんによる、井上奈奈さんの絵本「さいごのぞう」の朗読、そして画家・アーティスト 井上奈奈さんをお迎えして、象のUNKOペーパー 中村亜矢子さんとの対談スライドショーを行います。中村亜矢子さんが訪れたアフリカの象、井上奈奈さんにはスリランカの象の写真などを交えて対談を行います。

日時:2016年8月19日
時間:19:30~21:00
参加費:500円
場所:gallery kissa 台東区浅草橋3-25-7 4F
内容:朗読(20分)休憩(10分) 対談スライドショー(40分)+質問コーナー
 
当日スナック・ソフトドリンク等を用意しています。

山田みぞれさんにはギャラリーで何度か朗読イベントを行っていただいていますが、毎回予想のつかない朗読スタイルで、今回はどんな朗読になるのか楽しみです。そして、象についてそれぞれ違う角度から向き合う、中村亜矢子さんと井上奈奈さん、というお二人のお話、どんな話が聞けるのでしょうか。

ぜひご予約の上、ご参加ください!

ご予約はこちらから(予約なしのご参加も可能ですが、お席を用意できない場合があります)

_1210346北見美佳 「PARADISE」

_1210335-2
和知知明 「かんどうとかんしゃ」

また、展示期間中の土曜日と日曜日にもワークショップを行います。20日と27日の土曜日は「UNKOで運のつくお守り作り(参加費150円)」、21日と28日の日曜日は「UNKOペーパー作りフルコースのワークショップ(参加費・材料費込み3,000円)」。

日曜日のワークショップは要予約です。お申込みはこちらから!夏休みの自由研究が終わっていない小学生にもおすすめ?!

UNKOペーパー作りフルコースのワークショップのお申込み(参加費3,000円)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

連絡先電話番号(必須)

参加人数(必須)
 名

メッセージ・質問

 

象×UNKO=Artあ~と展 参加アーティスト(順不同)
◎岡野真人 : okanomasato.com
◎Touko Okamura : www.touko.com
◎Ouma : oumavet.com/
◎佐藤周作 : shusakusato.com/
◎和知知明:「和知心書」とちぎ照る照る坊主の会
◎山浦博子: 漫画家、イラストレーター
◎北見美佳
◎辻下恭平 : 元美容師グラフィックデザイナー
◎美馬成子: acco0110.tumblr.com/
◎風当将文: futomasafumi.prosite.com
◎UGYAU[イラスト アクリル+色鉛筆] : ugyau.easter.ne.jp/
◎かねことしき[アクリル絵の具] : zunmachango.wix.com/zunmachango
◎さらしなまりこ[版画用インク、顔料] : zunmachango.wix.com/zunmachango
◎chie[チョークアート/アクリル]
◎尚実[色鉛筆、パステル、水彩画]
◎ヤマダユーコ[半立体イラスト/紙粘土、油性マジック] : yukomilklemon.jimdo.com/
◎結鶴[書] : www.facebook.com/yuzuru.syosai
◎横尾さやか[絵画/水彩・アクリル] : himari169.wix.com/yokoo
◎井上奈奈 : nana-works.com/
◎林ゆいか : hayashiyuika.com/
◎志村リョウ : shimura-ryo.main.jp/

gallery kissa
東京都台東区浅草橋3-25-7 NIビル4F
Tel. 03-5829-9268 Mail. info@gallerykissa.jp HP. http://info@gallerykissa.jp
営業時間:水曜から土曜 12:00~19:30 日曜 12:00~17:00 休業日:月曜・火曜

関連リンク

象のUNKO elephant paper @ facebook.com/zounounko.deppa/

象の絶滅危機訴える「うんこペーパー」、元動物園職員がフン闘

2016.5.8 プーク人形劇 はだかの王様 ~ 大森暁生展 Jamais vu – 未視感 –

人形劇団プークの人形劇には何度も足を運びたいので、定期的に来ています。今年はは正月の公演につづいて2度目です。今回の演目はと「はだかの王様」でした。

プーク人形劇は、新宿にあるプーク人形劇場で観るのが一番好きです。

_1180328

この劇場の外観がいいですね。1971年に建てられた劇場で、今年が45周年だそうです。ファザードの彫刻は建設当時の劇団員が彫刻したものだそうで、現在、劇場内の階段アプローチに建設当時の写真が展示されていて、劇団員が彫刻している貴重な写真もありました。

_1180325

プーク人形劇場の席は自由席なので、開演30分前の開場時間には到着して、良い席を取るのがおすすめです。それから開演までは、コーヒープンクト(PUNKTO)でおいしいドリンクを飲むのも楽しみの一つ。

_1180315

「しちめんちょうおばさんのこどもたち」は早起きだ大好きで、ちょっとおせっかいやきな、しちめんちょうおばさんの心温まる話でした。人形のことりたちのかわいいこと。

はだかの王様は、だれでも知っているアンデルセンの童話ですが、改めて観てみると沢山の示唆に富んだ話ですね。まんまとだまされて、はだかになって町を自慢げに練り歩く王様が、無垢のために見たままを言葉にしてしまうこどもの「おうさまは、はだか」の一言で一転町中の笑いものになってしまう王様。子供のころ話を聞いたときは単に王様のことを笑って、現実ではありえない面白い話だと喜んでいるだけでしたが、今考えると世にあふれる広告やコピーにだまされて、ついつい自分がはだかの王様のようになっていないかとヒヤリとします。

上のチラシは、階段アプローチに展示されていた、初演当時のチラシだそうです。1947年5月、ちょうど69年前ですね。「カミの国変じてヤミの国となるー 人民の手で明るい日本をつくろう!」と人形劇プークのマスコット、プー吉くんが手にしている看板。今の日本に、まさに問われていることですね。そして今調べたら、1947年5月3日は日本国憲法が施行された日でした。戦前から幾度もの苦難を乗り越え今に続くプーク人形劇ですが、人形劇は子供たちに楽しんでもらうものであると同時に、子供を連れてきた親たちにもメッセージを伝えるためにあるのだと思います。

この演目は、6月まで続いていますので、ぜひ足を運んでみてください。

http://www.puk.jp/kouen.htm

新宿駅近くで45年も人形劇を守っているプーク人形劇場ですが、新宿駅は、つい先月「バスタ新宿」がオープンしたように、変わり続けている町でもあります。

プーク人形劇のあとは、バスタ新宿、新しくできた商業施設ニュウマン(NEWoMan)をチラ見してから、新宿の高島屋へ~

「大森暁生展 Jamais vu – 未視感 –」

彫刻家 大森暁生さんの展示へ足を運びました。

彫刻達からゾクゾクっと妖気が出ています。作家の大森さんも在廊されていて、お話もでき、うれしいことに撮影もOKでした。

_1180340

「彫刻から気配を感じるようにしている」という作家さんの言葉どおり、その佇まいから、明らかに生きものの気配を感じさせるものがあります。

_1180335

作品はもちろんですが、展示タイトルも気に入りました。jamais vuとは 【未視感:実際にはよく知っていることを初めて経験したように感じる体験】。例えば、、、毎日のように通る道に植わっている木の陰が、あるとき人影に見えてしまった体験などだそうで、良く言う、deja vu(デジャヴ)と対比する言葉だそうです。

_1180337

作品とタイトルが引き立てあっている展示というのは最高にいいですね。展示タイトルは、なんとなく後付けになっている展覧会が多いなか、展示タイトルが作品に必要なパズルの重要ピースのように光っています。

_1180338

実は、高島屋の美術画廊は初めて来たのですが、会場がまたいいです。デパート催事場の画廊は空間に色気がないところが多くて、会場に幻滅してしまうところが多いのですが、新宿高島屋の美術画廊は画廊としても気持ちのよい空間です。

新宿での展示は終わってしまいましたが、関西方面を循環したあと、8月にまた日本橋の高島屋に戻ってくるようです。今回のような大規模な個展は3年に一度だそうですので、まだの人はぜひ。

詳細な展示スケジュールは大森さんのホームページをご参照ください。

http://akioohmori.com/voice/jamais-vu/

会場で販売していた書籍、フォトエッセイ+作品集を購入。帯の言葉「彫刻家なんかで喰っていけんのかよ?」に惹かれました。

午前に人形劇、午後に彫刻展を見たのですが、美術とエンターテイメントと一件違うジャンルのようにも見えんすが、人形劇の人形に必要とされるものは、やはり「気配」であって、どの角度からみても人形が生きているように見えなくてはいけない、美術だと思います。はだかの王様の話ではないですが、こどもは正直なので、いかに人形が素晴らしいと力説しても言葉では騙されません。大人は綺麗なものにすぐ騙されてしまいますが、こどもの眼はもっと厳しいところを見ています。

大森さんは、gallery kissa でちょうど一年前に開催した彫刻家はしもとみおさんの展示「旅する彫刻」にも足をお運びいただいていたので、はしもとみおさんの話になったのですが、「上手に彫刻を造れる人は沢山いるけど、生きものの気配を感じる彫刻を造れる若い彫刻家では、はしもとみお以外知らない」と評価されていました。

大森暁生さんの彫刻とはしもとみおさんの彫刻、表現の仕方やアプローチは違うのですが、美術として共通する「何か」を感じた展覧会でした。

2016.3.27 ねこのピート第三弾~はじめてのがっこう~マジックと音楽と絵本ライブ

今日は、絵本ねこのピート(英題:PETE THE CAT)翻訳三作目となる「ねこのピート はじめてのがっこう」の公開収録ライブでした。

翻訳者 大友剛さんのマジックと、音楽、そして絵本の読み聞かせライブ。

_1170738

あそびうたの福田 翔さんが、特別参加で、あそびうたと絵本の読み聞かせに出演いただきました。

_1170741

まずは、一作目のねこのピート だいすきなしろいくつを読み聞かせで、ウォーミングアップ。

_1170766

_1170767

_1170789

_1170807

今日のライブ映像は編集した後、5月頃公開する予定です。お楽しみに~